味噌田楽・おでん

あったかくても、冷やしてもおいしい逸品

おでんのルーツは、室町時代に流行した「豆腐田楽」。食べやすい大きさに切った豆腐を串に刺して焼き、味噌ダレをつけて食べていました。
また、味噌は八丁味噌などの赤味噌を使い、木の芽をすって混ぜ込んだり、上にのせたりして味わったりしていました。
その後、江戸時代にファストフードとして江戸庶民に愛され、やがて現在のような煮込みおでんへと進化し、家庭料理の定番となっています。
ここ岡崎のおでんは、昔ながらの味噌おでんや味噌ダレ、出汁でいただく味もあれば、変わり種もおすすめです。店舗それぞれのこだわりの味を楽しむことができます。