岡崎ってこんなまち Okazaki家康公スイーツ

岡崎の花火大会

岡崎の伝統産業「三河花火」の継承と支援を目的に開催します

岡崎の花火大会は、江戸時代から情緒豊かな鉾船を浮かべた花火まつりとして広く知られていた、菅生神社の祭礼が元となっています。今日では、岡崎城下家康公夏まつり(旧:岡崎観光夏まつり)と相まって、三河花火の粋を集めた全国屈指の花火大会となりました。仕掛花火、金魚花火、各種スターマインなど、バラエティに富んだ花火が楽しめます。

●名称/岡崎城下家康公夏まつり第76回花火大会
●主催/岡崎市・(一社)岡崎市観光協会
●日時/2024年8月3日(土)19:00~20:30
●打上会場/岡崎市乙川・矢作川河畔

※雨天決行。ただし、警報発令等の荒天または河川の増水、感染症の拡大などにより大会の実施が困難な場合は、主催者の判断により中止いたします(順延はありません)。
*打上会場近くに無料観覧エリアはありません。

※2024年の情報は順次更新いたします。
情報公開まで今しばらくお待ちください。
岡崎花火のおすすめポイントをご紹介

絶え間なく続く打ち上げ花火!

19:00から20:30までの約1時間30分の間、盛りだくさんのプログラムで次々と花火が打ち上げられます。
お見逃しの無いように、時間いっぱい迫力満点の花火をお楽しみください。

珍しい仕掛け花火

あらかじめ組み立てられた木枠に、工夫をこらした絵や文字を花火で描きます。
毎年異なるデザインで楽しませてくれる仕掛王国岡崎の真骨頂です。
2024年の協賛受付は終了いたしました。

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する