岡崎には、世界的に類を見ない貴重なジャズレコード12,000枚、雑誌、オーディオ機器などがあります。
これは、岡崎市に生まれ、岡崎で外科病院を開業した内田修氏が寄贈したものです。
内田氏は、多くのジャズミュージシャンと交流し、時には支援をし、現在の日本のジャズに多大なる影響を与えた人物です。
また、岡崎には、いくつものジャズボランティアが存在し、多くのジャズイベントを支えています。
このほかにも、街中にジャズが流れていたり、ジャズの出前講座を小中学校で行っていたり…。
このことが「ジャズの街岡崎」と言われる所以です。
New Topics !!