徳川家康公の郷

徳川家康公生誕の地、岡崎には、家康公ゆかりの寺社や史跡がたくさんあります。
徳川家のルーツをたどれば、ご利益も満載!まちめぐりをお楽しみください。
  • 岡崎城

    岡崎城

  • 天守閣

    天守閣

  • 産湯の井戸

    産湯の井戸

  • 産湯の井戸

    産湯の井戸

  • えな塚

    えな塚

  • えな塚

    えな塚

  • 遺言碑

    遺言碑

  • 遺言碑

    遺言碑

岡崎公園で、家康公の史跡をめぐる

天文11(1542)年12月26日、徳川家康公は、岡崎城内で誕生しました。家康公は、6歳で織田信秀(信長の父)、8歳で今川義元の人質となり、少年期を他国で過ごしましたが、永禄3(1560)年の桶狭間の合戦で、今川義元が戦死したことを契機に自立。以来、岡崎城を拠点に、天下統一という偉業への基礎を固めました。
岡崎公園には、家康公が生まれたことを示す史跡があります。岡崎城のそばには、家康公が誕生したとき産湯に使ったという「東照公産湯の井戸」や、家康公のえな(へその緒・胎盤)を埋めたとされる「東照公えな塚」、また岡崎城の前には、平和を願う家康公の遺言碑もあります。緑豊かな公園として親しまれている岡崎公園を歩けば、家康公の息吹が感じられます。
 

  • 法蔵寺

    法蔵寺

  • 大樹寺

    大樹寺

  • 大樹寺宝物殿にある徳川歴代将軍の等身大位牌

    大樹寺宝物殿にある徳川歴代将軍の等身大位牌

  • 勝鬘寺

    勝鬘寺

  • 上宮寺(1996年に再建)

    上宮寺(1996年に再建)

  • 浄珠院

    浄珠院

  • 本宗寺

    本宗寺

  • 妙源寺

    妙源寺

  • 随念寺

    随念寺

  • 滝山東照宮

    滝山東照宮

岡崎で、徳川家のルーツが分かる!

家康公が生まれ育った岡崎。幼少期の家康公が読み書き等の手習いに通ったと伝わる法蔵寺や、人生の危機に立った時に再出発を誓った菩提寺・大樹寺など、家康公の生き様を感じられる場所が、岡崎市内には点在しています。
永禄6年(1563年)に始まった三河一向一揆は、平定するのに半年以上かかり、家康の三河統一の試練となりました。この一揆の舞台となった勝鬘寺、上宮寺、浄珠院、本宗寺、妙源寺は、三河一向一揆ゆかりの寺社としても親しまれています。
家康公の祖父が眠る随念寺や、家康公を尊敬してやまなかったという3代将軍家光公が創建した滝山東照宮など、徳川家のルーツも併せてたどってみるのもおすすめです。
岡崎のまちを散策しながら、戦国の世を終わらせ、300年近くも続く平和の世を築いた家康公の想いを感じてみましょう。
 

  • グレート家康公「葵」武将隊

    グレート家康公「葵」武将隊

  • グレート家康公「葵」武将隊

    グレート家康公「葵」武将隊

  • 家康行列 正室 築山御前

    家康行列 正室 築山御前

  • 家康行列 長女亀姫

    家康行列 長女亀姫

  • 家康行列 孫の千姫

    家康行列 孫の千姫

子どもはナント16人!徳川を安泰に導いた家康公
家康公の側近で、江戸幕府の樹立に功績をたてた4人の武将、酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政は仏教の四天王に例え、「徳川四天王」と呼ばれています。この4人にさらに12人の武将を加えた16人は「徳川十六将」と呼ばれ、家康公と共に戦った活躍ぶりが伝えられています。この「徳川四天王」と「徳川十六将」のうち服部正成、水野勝成、小松姫の3人、そして家康公に扮する“グレート家康公「葵」武将隊”8人は、当時を偲ぶ甲冑を身にまとい、岡崎公園で演武を披露するなど、活躍中です。
天下人となった家康には、築山殿、朝日姫という2人の正室の他に、16人の側室がいて、11男5女、計16人の子どもに恵まれました。最後にもうけた市姫が生まれたときには家康はナント、66歳! 子孫をたくさん残し、徳川家を安泰へ導きました。
  • 八丁味噌

    八丁味噌

  • カクキュー八丁味噌

    カクキュー八丁味噌

  • まるや八丁味噌

    まるや八丁味噌

  • 花火

    花火

  • 花火玉

    花火玉

  • 星(火薬)

    星(火薬)

  • 製作過程

    製作過程

好奇心旺盛で食通!家康公が広めたもの
人生50年といわれる時代で、75歳という驚異の長寿をまっとうした家康公。麦飯、八丁味噌など、粗食で体によい食生活を送り、漢方薬をとりいれ、健康には人一倍気をつかっていたそうです。その一方で、好奇心旺盛で食通だった家康公。全国各地に家康が好んだ食べ物が残っていて、食文化を築くきっかけにもなりました。静岡県浜松市の和製ハーブリキュール「忍冬酒」、庶民の食べ物だった埼玉県の「草加煎餅」などが有名です。
夏の風物詩、花火も、家康公が全国へ広めた文化の一つです。軍事の要である火薬の製造は徳川発祥の地である三河にのみ許されており、泰平の世になると火薬の利用は軍事から観賞用の花火へと変わって行きました。花火は、家康公がつくった平和な時代の象徴であり、それは岡崎を含む三河地方から始まったのです。
 
  • 八丁味噌商品

    八丁味噌商品

  • むらさき麦

    むらさき麦

  • むらさき麦料理

    むらさき麦料理

  • 地酒 「徳川家康」「三河武士」

    地酒 「徳川家康」「三河武士」

  • 地酒「家康の里」

    地酒「家康の里」

  • 狸缶入り手焼きせんべい

    狸缶入り手焼きせんべい

  • イエヤスコウとシテンニョーシカグッズ

    イエヤスコウとシテンニョーシカグッズ

  • 家康らぁめん 四人前 1204円

    家康らぁめん 四人前 1204円

  • 家康公パフェ

    家康公パフェ

  • 開運五平

    開運五平

記念に買いたい家康公ゆかりの逸品
家康公をあしらった土産や、ゆかりの品々を、テーマごとにご紹介! 岡崎をめぐった思い出に、家族や友達へのお土産に、ぜひ買ってみよう。

健康・長寿…家康公の長寿の秘訣!「まるや」と「カクキュー」の「八丁味噌」は岡崎の名産品です。松尾芭蕉も句にも詠んだといわれる「むらさき麦」も健康食として注目を集めていて、麦ごはんや麺類、お菓子にも使われています。
出世…「出世開運」なら、徳川家ゆかりの伊賀八幡宮や、大樹寺へ。参拝し、お守りを持ち帰れば、出世開運の道が開かれるかも!
地酒…良質な米と清らかな水で造られる岡崎の地酒。「丸石醸造」の上質でフルーティーな「徳川家康」、透明感のある甘味が特長の「三河武士」。「柴田酒造」の、キレのある後味が自慢の「家康の里」など、人気の銘酒を味わおう!
銘菓…飴一つひとつに徳川の家紋である葵が入っている「天下飴」や、狸おやじで有名な家康がモチーフ?の「狸缶入り手焼きせんべい」など、小分けもできてお土産にぴったり。
グッズ…家康公と徳川四天王をかわいくデフォルメした「イエヤスコウとシテンニョーシカ」は、観光キャラクターとして人気。文具やタオル、バッグ、かんバッジなど、グッズもいっぱい!
ご当地グルメ…市内提供店の「家康らぁめん」、いちかわ(岡崎公園内)の「徳川家康公パフェ」、道の駅「藤川宿」の「開運 家康御幣」、暴れん坊チキンの「家康唐揚げ」など、市内各所でご当地グルメが楽しめます。お土産にすれば、岡崎の味をみんなで楽しめます。