• 2017年12月
             
               
  • 2018年1月
     
         
  • 2018年2月
           
         
  • 2018年3月
           
  • 2018年4月
             
  • 2018年5月
       
       
  • 2018年6月
             
  • 2018年7月
           
  • 2018年8月
         
     
  • 2018年9月
               
               
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
「ホントにこの道で大丈夫?」
「大丈夫だ。問題ない」

「ホントにこの道で大丈夫?」 「大丈夫だ。問題ない」

行程はわずか30分。時間だけ見れば非常にお手軽に「スイーツ」「神社」「寺」「銘木」「遺跡」の5つを堪能できるコースです。
ただし、行程の後半は岡崎でも類を見ないほどの悪路。道中あきらめない覚悟を済ませたら、ぜひ一度訪れてみてください。

※どれだけ狭い悪路でも、目的地250m手前までは、ちゃんと車で行くことができます。
ただし脱輪には注意。人は通りませんし、きっと助けも呼べません。

おすすめの季節
春 夏 秋 冬
2時間未満
START
車で4分
1
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
  • 和菓子処 もんや
わがしどころ もんや

和菓子処 もんや

まずは行軍物資の確保を。
新東名から岡崎東インターチェンジを降りて最初に向かうのは、岡崎の奥座敷・樫山町が誇る和菓子処「もんや」。
名峰本宮山から流れる男川の水と匠の技で作られた和菓子は絶品です。まずはここで物資を補給しましょう。
おすすめは巨峰大福。餅の皮の中にジューシーなブドウが丸ごと一個入っています。
車で3分
2
  • 須賀神社
  • 須賀神社
  • 須賀神社
  • 須賀神社
すがじんじゃ

須賀神社

須佐之男命(スサノオノミコト)に祈願。
1513年に再建された、須佐之男命を祭る額田地区最大の神社です。神社に格納されている山車と祭りばやしは岡崎市の無形民俗文化財に指定されています。
この先、行程の八合目あたりで「須佐之男神社」に立ち寄ります。まずは、そこまでたどり着けるように祈願しましょう。
車で6分
3
  • 桜井寺
  • 桜井寺
  • 桜井寺
  • 桜井寺
  • 桜井寺
さくらいじ

桜井寺

空海が開基した古刹。
三河五薬師の一つに数えられ、高野山平等院末寺として弘仁4年(813)に空海が開基した古刹です。
この寺には、県重要文化財指定の青銅の磬(けい)があります。中央撞座には、八葉複弁の蓮華座が大きく鋳出されています。孔雀文様は全体の輪郭線が美しく、県下在銘金石文としては最古といわれます。
ここが五合目ですが、この先はこれまでの平穏な行程とは違い、運転技術と精神力が試される魔窟です。念のため、ここで脱輪しないように祈念しましょう。
車で10分
4
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
  • 須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ
すさのおじんじゃ・きりこしのめおとひのき

須佐之男神社・切越の夫婦ヒノキ

大迫力の古木。
うっそうと茂る林と、コケと窪みとひび割れだらけの狭い悪路を抜け、鳥居が見えたら小休止。
最初に購入した巨峰大福で、消耗した集中力を回復してください。
石段の上にある須佐之男神社は、森に覆われているように見えますが、覆っているのは階段両脇に生息する2本のヒノキ。樹齢400年ほどで枝が長く垂れ下がり、10mを超える長さがあります。樹形はヒノキとしては他に例を見ないほど太い根が多く、岩を抱えながら地上に露出しています。
夫婦ヒノキと呼ばれるそれに守られるように、社がひっそりと佇んでいます。
車で5分+徒歩4分
5
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
  • 八面石塔
はちめんせきとう

八面石塔

岡崎最奥の遺跡
須佐之男神社からさらに北上すること5分。目的地250m手前で、いよいよ徒歩となります。
山道を道なりに進むと、見えてくるのは最終目的地である「八面石塔」。鎌倉初期の建造とされ、平氏一門の流れを受け継ぐ本間一族の墓といわれています。
重厚な雰囲気と異界を思わせる佇まいを味わって下さい。
GOAL
MAP

コースマップ