「岡崎おうはん」料理レシピ

作って食べよう「岡崎おうはん」料理レシピ

愛知学泉大学管理栄養士専攻の4年生が考案した、ご家庭で簡単に作ることができる「岡崎おうはん」を使用したオリジナルレシピをご紹介します!ぜひご自宅で作ってみてくださいね!
レンジで簡単!
【材料(1人前)】
  • 岡崎おうはん(もも肉)…60g、コーン…12g、玉ねぎ…16g、レタス…15g、えだまめ…10g、パプリカ…10g、片栗粉…3g、酒…3g、しゅうまいの皮…3枚
  • 《1》砂糖…1g、醤油…2g、塩…少々、こしょう…少々、ごま油…3g、顆粒中華だし…1g

【作り方】
1:おうはんの筋と皮をとり一口大に切る。
2:おうはんの皮から順にフードプロセッサーにかけ、細かくなったら身をいれてさらにかける。
3:パプリカは 1 ㎝ の角切りにし、コーン、えだまめの水気をとっておく。
4:玉ねぎをみじん切りにする。
5:おうはんと玉ねぎ、《1》の調味料を混ぜる。
6:5を3等分にし、パプリカ、コーン、えだまめをそれぞれ混ぜ合わせ、一口大のボール状にする。
7:6をしゅうまいの皮で包み、皿に並べて料理酒をかける。
8:電子レンジ(600w)でラップ をして約3分半温める。

☆ポイント☆
  • 電子レンジで簡単に調理できます!
  • 盛り付けの時、シュウマイの下にレタスを引くと彩がアップ!
ガッツリおいしい!
【材料(2人分)】
  • 岡崎おうはん(もも肉)…1枚(300g)、卵(岡崎おうはん)…1個、ポン酢…大さじ3、水…大さじ3、みりん…大さじ1、砂糖…小さじ1、サラダ油…大さじ2、玉ねぎ…1/4個、マヨネーズ…大さじ3、レモン汁…大さじ1、砂糖…小さじ1

【作り方】
「照り焼きチキン」
1:フライパンにサラダ油(小さじ2)を入れ中火で熱し、鶏もも肉の皮面から焼く。3分焼いたら裏返し、反対側も1分焼く。
2:キッチンペーパーでフライパンの油をふき取り、ポン酢、水、みりん、砂糖を入れて蓋をし、中火にする。裏返しながら、とろみがつくまで15分ほど煮込む。
3:食べやすい大きさに切り、レタスを敷いた器に盛る。
4:肉にタルタルソースをかけてパセリを散らす。

「タルタルソース」
1:玉ねぎ1/4個をみじん切りにする。
2:ゆで卵を細かくなるまでつぶし、玉ねぎを合わせる。
3:2にマヨネーズ、レモン汁、砂糖、塩コショウを合わせて混ぜる。
4:盛り付けでタルタルソースをかけた後にパセリを散らす。

☆ポイント☆
  • お肉に火が通りやすくするように半分に切っておく。
  • お肉にフォークで穴を開けると味が染み込みやすくなる。
  • 岡崎おうはんの卵をタルタルソースに使用。
  • 盛り付けにレタスを使用すると彩アップ!
  • ※画像は卵を錦糸卵にしております。

    ※画像は卵を錦糸卵にしております。

岡崎まぜめん風!
【材料(1人分)】
「肉味噌」
  • 岡崎おうはん(もも肉)…60g、カシューナッツ…8g、豆乳…50ml、ニンニク…2g、生姜…2g
  • 《A》サラダ油…3g、八丁味噌…15g、豆板醤…3g、砂糖…4g、料理酒…4g
 
  • 中華麺…80g、卵…50g、トマト…35g、きゅうり…25g、ネギ…8g、塩…0.1g

【作り方】
「肉味噌」
1:《A》の調味料を混ぜ合わせる。
2:ニンニクと生姜をみじん切りにし、炒める。
3:2にひき肉を加え、1と豆乳を加える。
4:ふつふつとしてきたら、刻んだカシューナッツを加えて煮詰める。


「まぜ麵」
1:野菜を切る(トマト/くし切り、きゅうり/千切り、ネギ/白髪状に切る)
2:卵を茹で、半熟卵を作る。
3:中華麺を熱湯でゆで、冷水で締める。

☆ポイント☆

  • 岡崎の八丁味噌を使用!
  • 豆乳を入れているので味がまろやか。
夏野菜たっぷり!
【材料(1人前)】
  • そうめん…180g、なす…1/2本、トマト…1/2個、きゅうり…1/4本、ネギ…5g、しょうが…5g、めんつゆ(ストレート)…100ml、ごま油…7.5g、卵(岡崎おうはん)…1個

【作り方】
1:温泉卵を作る(熱湯に10分程度つけておく)。
2:なす、トマト、きゅうりをすべて食べやすい大きさに切る。
3:食べやすい大きさに切ったなすをごま油をひいたフライパンで炒める。
4:湯を沸騰させ、そこへそうめんを入れて茹でる。
5:そうめんが茹で上がったら流水に入れてよく冷やす。
6:しょうがとめんつゆを合わせる。
7:そうめんの水をよく切り、盛りつける。

☆ポイント☆
  • 好きな野菜を使って手軽に作ることができる。
  • しょうがを針生姜にしてアクセント。
  • 岡崎おうはんの温泉卵を盛り付けてまろやかに味変!
岡崎おうはんを贅沢に楽しめる!
【材料(1人分)】
  • 岡崎おうはん(もも肉)…70g、卵(岡崎おうはん)…1個、玉ねぎ…60g、小ねぎ…15g、みつば…15g、しょうゆ…大さじ1/2、みりん…大さじ1/2、酒…大さじ1/2、水…大さじ2、和風顆粒だし…小さじ1/4、塩…少々、精白米…70g

【作り方】
1:おうはんもも肉を1口大、玉ねぎを3mm、小ねぎを2cm、みつばを食べやすい大きさに切る。
2:卵をボールに割り入れ、溶きほぐす。
3:鍋に水、酒、みりん、しょうゆ、塩、和風顆粒だしを入れ、火にかけ、沸騰したら玉ねぎともも肉を入れ、蓋をして煮る。
4:もも肉に火が通ったら、みつば、小ねぎを入れ、すぐに卵を回し入れ、卵が半熟になったら完成!

☆ポイント☆
  • 親子丼にすることで、岡崎おうはんのお肉も卵も活用できる。
  • 岡崎おうはんを使用することで、食べ応えや高級感が出る。
  • みつばと小ねぎを入れることでさっぱりを召し上がれます。
冷たく夏にぴったり!
【材料(1人分)】
  • 岡崎おうはん(もも肉)…10g、枝豆…5g(冷凍)、にんじん…5g、オクラ…3g、コーン…10g(冷凍)、固形コンソメ…10g、粉ゼラチン…1g、水…1.8g

【作り方】
1:枝豆とコーンを解凍する。
2:人参とオクラを茹でて、オクラを切る。にんじんは型抜で型を抜く。(レシピは星形を使用)
3:おうはんもも肉を一口サイズに切り、茹でる。
4:沸騰したお湯にコンソメを溶かす。
5:4に粉ゼラチンを入れて、よくかき混ぜる。
6:容器に5と野菜、茹でたおうはんもも肉を入れる。
7:氷水で冷やし固める。

☆ポイント☆
  • お子様とも楽しく作ることができる!
  • 冷たいので夏にぴったり!
自分好みのオリジナルどら焼きを作ろう!
【材料(4人分)】
  • ホットケーキミックス…80g、卵(岡崎おうはん)…1個、牛乳…120g、抹茶粉…2.5g、油…5g、生クリーム…20g、こしあん…20g、イチゴ…15g、キウイ…15g、オレンジ…15g、バナナ…15g、はちみつ…7g
「カスタードクリーム」
  • 牛乳…170ml、卵黄(岡崎おうはん)…40g、薄力粉…12g、バター…10g、練乳…17g、グラニュー糖…25g、バニラビーンズ…適量

【作り方】
「カスタードクリーム」
1:牛乳とバニラビーンズを入れて、60℃に温める。
2:卵黄に砂糖を加えてすぐによくかき混ぜる。
3:薄力粉をふるい入れて混ぜる。
4:牛乳をこしながら3に加え、鍋に戻してカスタードを炊く。
5:温かいうちにバター、練乳を加えて混ぜる。
6:別の容器に移し替え、冷却する。
7:粗熱が取れたら完成。

「どらやき」
1:ホットケーキミックスと卵と牛乳を混ぜる。※抹茶味の時も同様。
2:フライパンに油をひく。
3:できるだけ、小さく生地を焼く。
4:フルーツを小さく切る。
5:生地が冷めたら、自分好みにトッピングする。

☆ポイント☆
  • 岡崎おうはんの卵をカスタードクリームに使用することで、より濃厚なクリームになる。
  • 自分の好きなフルーツを使ってOK!
  • 彩も良く見た目がかわいいので写真映え抜群!
混ぜて焼くだけ とっても簡単!
【材料(18個)】
  • 薄力粉…100g、無塩バター…100g、上白糖…100g、卵(岡崎おうはん)…2個、抹茶…大さじ1、ベーキングパウダー…小さじ1/2

【作り方】
1:電子レンジでバターを溶かす。
2:溶かしたバターに上白糖と卵を入れて混ぜる。
3:2にふるった薄力粉と抹茶、ベーキングパウダーを加えて生地がとろっとするまで混ぜる。
4:絞り袋に生地を入れて型に流し込む。
5:180℃に予熱したオーブンで15~20分焼く。

☆ポイント☆
  • 混ぜて焼くだけで誰でも簡単にできる。
岡崎おうはんの濃厚な味わいが楽しめる!
【材料(4人前)】
  • 卵(岡崎おうはん)…3個、生クリーム…200㏄、グラニュー糖…70g、バニラエッセンス…少々
※アイスクリームメーカーを使用しています。

【作り方】
1:おうはん卵を泡立てながら、グラニュー糖を少しずつ入れしっかり泡立てる。この時、バニラエッセンスを数滴垂らして混ぜる。
2:別のボールで生クリームを8分立て位にする。
3:1と2を混ぜ、アイスクリームメーカーで20分まわす。
4:冷蔵庫で冷やし、盛り付けをしたら完成!

☆ポイント☆
  • 生クリームを入れることで、滑らかな味わいになる。
  • 岡崎おうはんの卵を使用することで、より濃厚な味わいに。
学生さん考案のレシピは他にもたくさん!詳細はPDFをご確認ください。