「岡崎おうはん」を知る

卵もお肉も美味しい岡崎のブランド鶏
独立行政法人 家畜改良センター岡崎牧場にて開発された、日本でも数少ない純国産鶏です。肉質の良い、「横斑プリマスロック種」の雄と産卵性の良い「ロードアイランドレッド種」の雌を交配したことで、両方の良いところを受け継ぎ、肉も卵も美味しいところが特長です。

「独立行政法人 家畜改良センター岡崎牧場」とは?
全国12カ所ある、農林水産省管轄の独立行政法人である家畜改良センターの1つです。岡崎牧場では、日本の気候風土や消費者ニーズに適した、採卵鶏(たまごを産む鶏)の育種・改良を行っています。

日本の気候風土や食習慣など消費者ニーズに合うような、卵だけでなく肉も利用できる「卵肉兼用種」の商品化のため、卵をたくさん産めるか、卵の大きさや色、肉の量など、研究・調査を重ね、2008年に開発されました。

黒と白のしま模様が入った美しい羽装で、一般的な卵用鶏と比較して大型です。雄は雌より、鶏冠(とさか)と尾が大きく、ケヅメがあります。
  • 粒ぞろいの赤玉
殻は褐色で、鶏の大きさに対して、卵の大きさは少し小さめ(MSサイズ~Lサイズ)です。通常の卵用鶏は加齢とともに卵が大きくなりすぎてしまい、加工用途に使われることが多くなりますが、岡崎おうはんは、卵が大きくなりすぎず、卵かけご飯など、家計消費に向いています。
 
  • プルルンとした大きな黄身
卵の大きさに反して、黄身の割合が高いことが特長です。一般の卵用鶏と比べると5%ほど黄身が大きく、濃厚な甘みとコクが感じられると評判です。卵かけご飯で食べると、一番旨味が感じられ、他の卵とは濃厚さや旨味が違うことがはっきりとわかります。
  • うまみのある鶏肉
鶏肉独特の生臭さがなく、肉質は、弾力があり、しっかりとした歯ごたえで、噛めば噛むほど旨味が感じられます。