2019年能見神明宮の藤の開花状況はこちら!

4月22日(月)の開花状況です!

能見神明宮の由来は定かではありませんが、一説には田中吉政が岡崎城主になった際に材木町の稲前神社を移転・再興し、城域拡大を図ったとされています。
毎年、5月の第2日曜日とその前日に行われる神明宮大祭は、岡崎三大祭りの1つ。中でも「御神輿渡御」「山車宮入り」は江戸時代中期からほぼ変わらず、現在に受け継がれています。
本堂のすぐ東側には、名前のとおり丸みを帯びた「だるま藤」があります。見頃を迎えています!
 

令和元年おすすめ情報!