PASSERELLE

松應寺横丁にある小さなケーキ屋さん

古民家を改装した小さなケーキ屋です。
人と人の架け橋(PASSERELLE)となるお菓子作り、店作りを心掛けております。
松應寺横丁松の実クッキー/864円(税込)
徳川家康公の父、松平八代広忠の亡骸を密葬したといわれる松應寺。
その横丁の地に2018年1月1日の0時にオープンしたケーキ屋「PASSERELLE(パスレル)」。店舗の名前には、人と人とのつながりを大切にしたいという想いが込められています。

今回このプロジェクトでは、この土地だからこその手土産となる商品を考えたいと思いました。クッキーが好きなので、それと松の実を使うことはすぐに決まったのですが、何かしら「和」のテイストを入れたいと試行錯誤しました。試作の段階ではチョコ味とプレーン味で美味しくできあがり良いと思ったのですが、いろんな方に試食していただいたところ「普通」過ぎるとの評価もあり・・・最終的には、抹茶味ときなこ味に決めました。
パッケージは、落ち着いた赤色の箱を用意しており、表にはご住職にお願いして書いていただいた文字があります。
ぶらり街歩きの際には、ぜひお立ち寄りください。
(店主:三戸ゆかり)

◆PASSERELLE
住所/444-0062岡崎市松本町42-43
営業時間/10:00~18:00※ケーキがなくなり次第閉店
定休日/月・火・第3日
駐車場/松應寺横丁駐車場(11~14)