条件指定検索
カテゴリー
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
現在の検索条件:
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
12ありました

開催期間:4月第1または第2日曜日 (2019年は4月7日)

岡崎の春の風物詩「家康行列」は、勇猛な三河武士団の出陣式や行進などによる、絢爛豪華な時代絵巻です。公募で選ばれた家康公を始めとする武士団、姫列など700余名が、市の中心部を練り歩きます。行進中には鉄砲隊と槍隊が演…

開催期間:開花時期:3月下旬〜4月上旬 ※ ライトアップ:桜まつり期間中毎日 (2019年は3月21日(木)~4月2日(火))

1,300年続く伝承を持つ、由緒正しき桜

1,300年前に持統天皇がお手植えされたと伝えられるエドヒガンの逸品で、市の天然記念物に指定されています。高さ17mから流れ落ちるように咲き誇る淡紅白色の花は、多くの花見客を魅了します。七、八分咲きでは朝、散り初…

開催期間:2018年は3月29日(木)~4月13日(金)開催。 ※ 夜桜照明は予定通り29日(木)から開始いたしますが、桜の状況により早期に終了する場合があります。

約800本のソメイヨシノが、岡崎城のある岡崎公園一帯と伊賀川堤を中心に咲き誇ります。 桜まつり期間中には夜桜照明が実施され、その情景は東海随一といわれています。

開催期間:毎年4月末からゴールデンウィーク最後の休日まで (2018年は5月6日(日)まで)

滝山寺・滝山東照宮のそばを流れる青木川の上流では、毎年多くのこいのぼりが舞い、端午の節句の名所となっています。 太陽の光を浴びて色とりどりのこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいる姿を、一度見に来てみませんか?

開催期間:毎年4月末頃(2018年は4月28日(土))

東海道一の長藤を楽しもう!

家康公も弓の稽古で訪れたという通称「徳王神社」。境内の藤棚は東海道一の長藤と呼ばれるほど房が長いのが特徴!毎年見ごろに合わせてライトアップも行われます! 一番の見ごろになる4月末の週末は藤まつりを開催!花見団子…

開催期間:3月下旬~4月上旬 (2018年は3月24日(土)~4月8日(日)。3月24日(土)~3月28日(水)は乗合舟のみ運航)

風情ある舟の上で、優雅にお花見しませんか?

東海随一の桜を舟の上から楽しめます。 夜桜宴会やお花見ランチなど、川面に揺られながら優雅なお花見はいかがでしょうか。 【お問合せ】 岡崎城下舟遊び事務局(株式会社ツツイエンターテイメント内) 090-…

開催期間:4月下旬の土日 (2018年は4月21日(土)・22日(日))

毎年4月に開催している石の掘り出し市です。石工団地内にある石材店50店舗が、お墓、庭づくりの石彫品、ガーデニング用石製品、インテリア石彫品、神社仏閣用の石彫品などを出品します。 巨石曳き体験、巨石割り体験、サン…

開催期間:2018年4月21日(土)~5月6日(日)(予定)

岡崎公園南側の乙川堤防沿い(康生町)に、1,300平方メートルの藤棚があり、花房が長く、見事な紫色の花が広がります。 藤は「岡崎市の花」でもあり、その甘い香に毎年多くの人が訪れます。

開催期間:春休み期間中 (2018年は3月24日(土)~4月1日(日))

大人気のゲームコーナーがあるよ!

楽しい春休みを満喫しましょう。 ゲームコーナー(有料)は大人気。大当たりもあるから頑張ろう! 2018年3月24日(土)~4月1日(日)の9日間 ※10:00~15:00 ※2018年3月29日(木)…

開催期間:4/16に近い日曜日

八剱神社の祭礼で奉納される神楽で、嫁獅子神楽としては県下で最も長い伝統があります。 文献に初めて見られるのは、宝暦元年にさかのぼり、豊作と悪魔祓いの願いが込められていると伝えられています。 舞方・後持方・笛方・太…

開催期間:4月第2日曜日

須賀神社の春の祭礼で、かつては「祇園祭」として6月に行われていました。 祭礼は、須賀神社の祭神が同じ町内にある神明社の祭神を、山車とお囃子などでにぎやかに訪問することが目的といわれています。 現在、山車は4台あり…