岡崎ってこんなまち 岡崎将棋まつり
条件指定検索
カテゴリー
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2024年4月
     
           
  • 2024年5月
         
     
  • 2024年6月
               
               
  • 2024年7月
     
         
  • 2024年8月
           
  • 2024年9月
             
  • 2024年10月
       
       
  • 2024年11月
             
  • 2024年12月
           
  • 2025年1月
         
     
  • 2025年2月
               
     
  • 2025年3月
               
             
れありすむのしせんせんごぐしょうびじゅつとちゅうしょうびじゅつ【ぎゃらりーとーく】

レアリスムの視線ー戦後具象美術と抽象絵画【ギャラリートーク】

 (音楽・美術系)

戦後の具象・抽象美術を「レアリスム」という視座から読み解きます。様々な表現の作品をお楽しみください。

  • 堂本尚郎《絵画》1957年 岡崎市美術博物館蔵

    堂本尚郎《絵画》1957年 岡崎市美術博物館蔵

  • 堀尾実《フォト・コラージュ》 1967-72年 名古屋市美術博物館蔵

    堀尾実《フォト・コラージュ》 1967-72年 名古屋市美術博物館蔵

  • クルト・セリグマン《メムノンと蝶》1942年  岡崎市美術博物館蔵

    クルト・セリグマン《メムノンと蝶》1942年  岡崎市美術博物館蔵

美術用語としての「レアリスム」という言葉は、日本語では「写実主義」と訳されてきました。しかし、レアリスムは必ずしも具象表現だけを指すのではなく、現実を追求して内側の芸術性を追求していく抽象表現も含まれるのです。
本展は、この「レアリスム」というキーワードから戦後の具象・抽象美術を読み解くものです。具象美術では主に、ベルナール・ビュフェらが参加した「時代の証人者」というグループに焦点を当てます。抽象美術では非定形を志向した前衛芸術運動「アンフォルメル」と、この運動と関係した「具体美術協会」を取り上げるとともに、抽象表現主義の画家に影響を与えた「シュルレアリスム」を紹介します。また、欧米の美術運動に影響を受けつつも、独自に発展してきた日本の様相を概観していきます。
戦後の芸術家たちがどのように「現実」を追及したのか、是非ご高覧下さい。
  • 堂本尚郎《絵画》1957年 岡崎市美術博物館蔵
  • 堀尾実《フォト・コラージュ》 1967-72年 名古屋市美術博物館蔵
  • クルト・セリグマン《メムノンと蝶》1942年  岡崎市美術博物館蔵
 
DATA

基本情報

開催期間2024年2月12日(月・祝)、3月9日(土)
開催時間各日とも14:00~15:00
開催場所当館1階展示室(開始時刻までに展示室入り口前にお集まりください)
お問い合わせ 0564-28-5000
料金参加費:無料(※ただし、当日の観覧チケットが必要です)
アクセスバス/名鉄東岡崎駅北口バス乗り場2番から「中央総合公園」行き乗車、「美術博物館」下車、徒歩5分
お車/東名高速道路「岡崎インター」から約10分
駐車場無料駐車場あり(651台)
予約事前申込不要
ウェブサイト レアリスムの視線ー戦後具象美術と抽象美術
資料
MAP

周辺観光情報

岡崎イチオシ情報

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する