2021年松應寺の白藤の開花状況です

4月21日(水)の開花状況です。

「散り始め」です。まだ、咲き切っていないものもありますが、若葉が目立ち始めています。

ピークは過ぎたものの、週末まで楽しめそうです。
風に吹かれて、甘い香りも漂い、散っていく花も情緒があります。
 

※2021年松應寺「白藤」開花状況のお知らせは、本日の更新で終了となります。

4月15日(木)の開花状況です。

雨上がりと共に、藤が満開となりました。一週間程は、楽しめそうです。
 

4月12日(月)の開花状況です。

ほぼ満開ですが、蕾がまだ残っているので、満開は明日(4月13日)となる見込みです。
 

4月9日(金)の開花状況です。

本日の白藤の開花状況です。現在5~7分咲きで見頃を迎えました。満開は、来週早々になりそうです。
 

4月7日(水)の開花状況です

例年よりも開花時期が早まりました。現在3分咲きくらいですが、気温が上昇すると、一気に開花が進みます。今週末(4月10日または11日)くらいに見頃を迎え、来週には満開となりそうです。
 

4月3日(土)の開花状況です

松應寺は徳川家康の父、松平広忠の菩提として建立されました。本堂のすぐ東側には、強めの甘い香りと早咲きが特徴の珍しい白い藤があります。
2021年は4月3日(土)に開花しました。過去最速の開花です。開花から1週間~10日程で見頃を迎えます。