道の駅「藤川宿」

旅人の安らいだ東海道宿場町「藤川宿」から現代を行き交う人の道の駅「藤川宿」へ

東海道藤川宿は、慶長 6年(1601)、東海道五十三次品川から数えて 37 番目の宿場町として栄えま した。約1kmの間にクロマツ約90本がそり立つ「藤川の松並木」や宿場町出入を示す「棒鼻跡」、江戸時代の門が残る「脇本陣」、また道中記や古歌に読まれた「むらさき麦」の栽培などに、往時の宿場町の面影を偲ぶことができます。かつては旅人安らいだ東海道藤川。約400年の時を経て、人と人がつながり、歴史や文化を現代に伝える新たな交流の場「道の駅藤川宿」が今蘇ります。口

住所/〒444-3523 愛知県岡崎市藤川町字東沖田44番地
営業時間/9:00〜18:00(ミニストップは24時間営業)
TEL/0564‐66‐6031