お薦め

2022年の伊賀八幡宮のハスの開花状況です!

6月29日(火)の開花状況を更新しました

見頃を迎えています。
まだまだ、蕾もたくさん見られたので、これから見頃を迎える花も多そうです。


~お越しになる皆さまへ~
ハスは午後になると花が閉じてしまうので、早朝~午前中の観覧がおすすめです。
また、お越しになる際は、マスク着用や三密を回避するなど新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。
お越しになれない方は、写真だけでもお楽しみください!
 

6月21日(火)の開花状況を更新しました

徐々に開花が進んでいます。
蓮の葉の下には蕾がたくさん見られました。


~お越しになる皆さまへ~
ハスは午後になると花が閉じてしまうので、早朝~午前中の観覧がおすすめです。
また、お越しになる際は、マスク着用や三密を回避するなど新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。
お越しになれない方は、写真だけでもお楽しみください!
 

6月17日(金)の開花状況を更新しました

伊賀八幡宮は松平家(徳川家の祖)の四代親忠(ちかただ)公によって文明2年(1470)に創建され、ハス池は徳川家三代将軍の家光公により造られました。ハス池は永く平和を守りぬこうと願った葵徳川三代のメッセージとして永く守られています。

今年は、6月15日(水)に第一輪が開花しました。例年、開花から10日程かけて、池一面に咲き広がります。
見頃の時期は、6月25日(土)または26日(日)頃からの予定です。

~お越しになる皆さまへ~
ハスは午後になると花が閉じてしまうので、早朝~午前中の観覧がおすすめです。
また、お越しになる際は、マスク着用や三密を回避するなど新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。
お越しになれない方は、写真だけでもお楽しみください!
 

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する