2021年の伊賀八幡宮のハスの開花状況です!

7月5日(月)の開花状況です。

花が減ってきました。
先週は一面に花が咲いていましたが、7月5日(月)時点では、池の中心はほとんど散ってしまっています。
池の外側では綺麗に咲いているハスを見ることができました。蕾はまだありましたが、見頃のピークは過ぎてしまったかもしれません。
 
 

6月27日(日)の開花状況です。

全体的に開花が進んでいますが、これから開花を迎える蕾もたくさん見られました。

 

6月24日(木)のハスの状況です。

まだまだ、つぼみは多いですが、徐々に開花が進んでいます。
 

6月17日(木)に第一輪が開花しました!

  • 6月22日(火)の様子です。

    6月22日(火)の様子です。

  • 花によっては、見ごろを迎えています。

    花によっては、見ごろを迎えています。

  • つぼみがたくさんありました。

    つぼみがたくさんありました。

  • 6月22日(火)の様子です。

    6月22日(火)の様子です。

伊賀八幡宮は松平家(徳川家の祖)の四代親忠(ちかただ)公によって文明2年(1470)に創建され、ハス池は徳川家三代将軍の家光公により造られました。ハス池は永く平和を守りぬこうと願った葵徳川三代のメッセージとして守られています。
今年の開花は例年より少し遅く、6月17日(木)に第一輪が開花しました。既に見頃を迎えている花もあります。
お越しになれない方は、写真だけでもお楽しみください!
 
~お越しになる皆さまへ~
ハスは午後になると花が閉じてしまうので、早朝~午前中の観覧がおすすめです。
また、お越しになる際は、マスク着用や三密を回避するなど新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。

【ご案内】ハスの限定御朱印授与について(500枚限定)

  • 授与開始日/2021年6月26日(土)~
  • 初穂料/1,500円
  • 頒布枚数/限定500枚(無くなり次第終了)
※必ずお参りをしてから受付にお並びください。
※新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。