2020年の伊賀八幡宮のハスの開花状況です!

6月28日(日)の開花状況です!

6月28日(日)の7:30頃に撮影した写真です。全体的に開花しています。場所によっては花弁が落ち見頃を過ぎてしまった花もありましたが、まだまだ蕾もありこれから見頃を迎える花もありました。今年は例年よりも開花が早いので、ご興味のある方はお早めにお越しください。ハスの花は午後には閉じてしまうので、早朝の鑑賞がおすすめです。
 

6月21日(日)の開花状況です!

伊賀八幡宮は松平家(徳川家の祖)の四代親忠(ちかただ)公によって文明2年(1470)に創建され、ハス池は徳川家三代将軍の家光公により造られました。ハス池は永く平和を守りぬこうと願った葵徳川三代のメッセージとして永く守られています。
今年の開花は例年より少し早く、6月15日に第一輪が開花しました。例年、開花から三週間で見頃を迎えますが、今年の見頃は少し早まりそうです。
写真は、2020年6月21日(日)のハスの写真です。まだまだ蕾が多いですが、花によっては見頃を迎えています。
ハスの花は午後には花びらを閉じますので、早朝から午前中がおすすめです。ぜひ参拝と併せてご鑑賞ください。