【取材レポート】男川やなを紹介します!

鮎づくし!「男川定食」をご紹介します!

皆さんこんにちは!2020観光大使おかざきの橋本優伽と安藤万莉奈です!岡崎ぬかた地区で鮎のつかみ取りや鮎のお食事がいただける「男川やな」さんにうかがいました!残念ながら取材当日は連日の雨で川が増水していたので、鮎のつかみ取りが体験できませんでした。今回は「男川定食」をご紹介します!

岡崎きらり百選とおかざき鮎めし街道

男川やなさんは岡崎の観光資源として「岡崎観光きらり百選」に選定されています。また、鮎と「幻のお米」ミネアサヒを使用したお料理が楽しめる「おかざき鮎めし街道」にも参加しています。こだわりのお料理がいただけるということでとても楽しみです!
 

やな場

やな場を見せていただきました。川の増水のため下りることができませんでしたが、遠目でもわかるくらい水が澄んでいました。さすが水の透明度がAランクの男川です。また、奥に見えるのが藤棚の下にあるバーベキュー場です。自分でつかみ取りした鮎をBBQで串焼きにしていただけるので、お子様への食育の場としてもおすすめです!

「男川定食」をいただきます!

  • つきだし

    つきだし

  • 甘露煮

    甘露煮

  • 鮎のフライ

    鮎のフライ

  • 塩焼きと田楽

    塩焼きと田楽

まずはつきだしから。ミョウガのお寿司は初めていただきましたが、とても爽やかな香りが口の中に広がります。
次は、鮎の甘露煮です。骨まで軟らかくて、甘すぎない味付けでした。ご飯のお供にぴったり!鮎の甘露煮目当てで来るお客さんもいらっしゃるそう。
その次は鮎のフライ。とてもサクサクしています!ソースやレモンを付けなくてもおいしくいただけます!王道の塩焼きと田楽は身がとてもふわふわでした。

お刺身

メニューの中で一番印象に残ったものは、お刺身です!なんとまだ生きているんです!運ばれてからすぐは口がパクパクしていました。生き造りは初めてなので、とてもびっくり。コリコリとしていて新鮮そのもので、まったく生臭くありません。とても美味しかったです!

自然豊かな男川やなで思い出作りはいかがですか?

ボリュームたっぷりの鮎づくし「男川定食」。とってもおいしかったです。 次回は鮎のつかみ取りをぜひ体験したいです! みなさんも岡崎ぬかた地区の豊かな自然とともに鮎のつかみ取りやお食事はいかがでしょうか?
男川やなさんは今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため完全予約制となっております。また、ご予約されたお客様には、来店前の検温・マスクの着用・アルコール消毒などをお願いしています。