戦国最強の武将、本多忠勝!

一言坂の戦いでは、武田方の家臣 小杉左近が『家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八』と類を絶した剛勇ぶりに敵方より賞賛されるほどでした。
織田信長からは「花実兼備」、豊臣秀吉からは「天下無双」と呼ばれた武将です。
生涯57回の合戦に参加したが、一度も刀傷を負わなかったと言われています。
単に勇猛であっただけではなく、常に状況を冷静に判断し、軍勢の駆け引きに通じた、
徳川家康からの信頼厚き戦のプロでした。
姓名/本多忠勝(ほんだ ただかつ)
生年/1548年
出身地/愛知県岡崎市
幼名/鍋之助