大河ドラマ館特設サイト

岡崎市内の井伊家に縁深いスポットをご紹介いたします。

井伊家の苦難を偲ぶ縁深い寺社

井伊家の発祥、浜松市北部の井伊谷は、甲斐の武田と浜松の家康公を隔てる要衝の地。
家康公の三大危機の一つとされる「三方ヶ原の合戦」は、井伊家にとっても、存続を左右する一大事でした。
その三方ヶ原の合戦では、家康公配下の武将も多く命を落とし、その死を悼む墓所が、竹千代君手習いの寺として知られる本宿の法蔵寺あります。

また家康公の正室「築山御前」は、井伊家の縁者であったとも云われています。
その悲しい人生を偲ぶように、本殿の西側の木立の中に、ひっそりと首塚は佇みます。
 

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する