お薦め

【担当者おすすめ情報】岡崎市内和菓子屋の「いちご大福」を紹介します

季節限定!こだわりたっぷり いちご大福特集

みなさん、こんにちは!2021観光大使おかざきの平野友菜です。
私は、数ある岡崎市内の和菓子屋さんの中から5店舗の「いちご大福」を食べ比べしました!イチゴと餡子とお餅だけというシンプルな大福ですが、それぞれのお店のこだわりがたっぷり詰まっています。今回は、5店舗のみでしたが、市内にはまだまだ和菓子屋さんがあるので、巡ってみてお気に入りのいちご大福を見つけてみてはいかがでしょうか?

※いちご大福の販売は季節限定です。お店ごとに販売期間が異なります。

御菓子司 和泉屋 「いちご大福」

〈泡のようにシュワっと消えていくフワフワの大福〉
和泉屋のいちご大福は、生地からちょこんとイチゴが飛び出しています。
一番の特徴は「お餅」!フワフワのお餅はとても柔らかくて噛むとシュワっと消えていきます。お餅の中には、たっぷりの白あんが詰まっています。イチゴは紅ほっぺを使用しているそうで、とても甘かったですが、さっぱりとしているので、白あんとの相性も抜群でした。

葵園菓子舗 「いちご餅」

〈葵園で1番人気!〉
葵園で一番人気の商品「いちご餅」!
特徴は、イチゴを包んでいるお餅がとても薄いところ。餡子は白あんで、お餅と同様に薄くイチゴを包んでいます。イチゴは「濃姫」が使用されていました。熟していたので、とても香りが濃く甘かったです。薄く包まれているので、イチゴ本来の甘さやジューシーさを味わうことができます。

御菓子司 上田軒 「いちご大福」

〈甘さ控えめ粒あんがアクセント!〉
上田軒のいちご大福は、お餅からイチゴが飛び出しています。お餅は、ちょうどいい薄さと柔らかさで、イチゴとのバランスが◎です。餡子はたっぷり入っていて、粒あんです。甘さが控えめなので小豆本来の甘さが感じられます。イチゴは「とちおとめ」が使用されていて、最初は酸味が強く後から甘さが感じられました。全体的に甘さ控えめなので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。

小野玉川堂 「いちご大福」

〈酸味のあるいちごと餡子のバランスが最高!〉
イチゴはこだわりの粒あんと柔らかめのお餅に包まれています。イチゴは日替わりで選んでいるそうで、今回購入したときは「さがほのか」が使用されていました。酸味の後にほんのり甘さが広がって、こだわりの粒あんの風味を消すことなく、餡子との相性が抜群です。

彩京 「いちご大福」

〈桜の香りがする餡子がポイントです〉
彩京のいちご大福はお餅に特徴があり、ぷりぷりとしていて、引っ張るとぷつっと気持ちよくお餅が切れます。また、餡子は甘すぎず、ほんのりと桜の香りがして、春を感じることができる逸品です。使用しているイチゴは企業秘密とのことですが、噛んだ瞬間、甘さが感じられ、後からふわーっと香りが広がる、餡子とも相性が抜群なイチゴです。
この記事を書いた人
2021観光大使おかざき 平野友菜

2021観光大使おかざき 平野友菜

活動を通して、新たな岡崎の魅力を発見し、地元岡崎をより好きになりたいです。また、得意な英語力を生かして外国の方にも岡崎の魅力をPR・発信していきたいです。

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する