徳川家康公の来歴

 
年号(西暦)
内容
天文11年(1542) 12月26日午前4時ごろ 家康(幼名、竹千代)岡崎城に生まれる。
天文16年(1547) 竹千代(家康)、人質として駿府に赴く途次、田原戸田氏に奪われ、尾張織田氏のもとに送られる。
天文18年(1549) 家康の父、松平広忠没。
今川勢、織田方の安城城を陥落させ、城将織田信広を生け捕りに、竹千代との人質交換に成功。 竹千代は駿府に送られる。
弘治元年(1555) 竹千代、元服して次郎三郎元信となのる。
弘治3年(1557) 元信、関口義広女(築山殿)と結婚。(前年説あり)
永禄元年(1558) 元信、前年よりこの年のあいだに元康と改名する。
元康、今川義元の命で寺部城の鈴木重辰を攻める(家康の初陣である)。
永禄3年(1560) 義元、元康に大高城兵糧入れを命じる。
今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれ戦死したため、岡崎城にもどり、三河平定に着手する。
永禄4年(1561) 元康、今川方の中島城主板倉重定のほか、西尾城(西条城)の牧野氏、東条城の吉良義昭を攻める。
西尾城攻略に手柄のあった酒井政家に同城が与えられる。
元康、父広忠茶毘の地能見に松応寺を建立。
永禄5年(1562) 元康、清洲城で織田信長と会見、三尾同明を結ぶ。
元康、西郡上ノ郷城の鵜殿長照を攻める。
元康、清康・於久菩提のために随念寺建立。
永禄6年(1563) 元康、家康と改名。
三河一向一揆がおこる。
永禄7年(1564) 家康、一向一揆を鎮圧し、東三河平定の戦いを再開する。
永禄8年(1565) 家康、今川家臣の守る吉田城、ついで田原城を開城する。
永禄9年(1566) 家康、松平から徳川へ改姓し、従五位下、三河守の叙位・任官を受ける。
永禄11年(1568) 家康、遠江へ進出を開始する。
永禄12年(1569) 掛川城開城、今川氏滅ぶ。
元亀元年(1570) 家康、居城を浜松に移し、岡崎城を信康に譲る。
家康、武田信玄と断交し、上杉謙信と同盟を結ぶ。
元亀2年(1571) 武田勢、三河に侵入し、足助城などを陥落させる。
元亀3年(1572) 家康、武田信玄と三方原の戦い、大敗する。
天正元年(1573) 武田信玄没。
天正3年(1575) 岡崎町奉行大岡弥四郎、武田氏への通謀が発覚し、処刑される。
織田・徳川連合軍、武田勝頼を設楽原に破る(長篠の戦い)。
天正7年(1579) 家康、正室の築山殿を殺害し、信康を切腹させる.。
天正9年(1581) 家康、武田方の遠江高天神城を攻め落とす。
天正10年(1582) 家康、織田信長とともに甲斐に攻め入り、武田氏を滅ぼす。
本能寺の変で信長死去。
家康、堺より急遽岡崎に帰る(伊賀越えの危機)。
家康、甲斐・信濃経略に乗り出す。
天正11年(1583) 家康、本能寺門徒・道場の再興を許可する旨を妙春尼に伝える。
天正12年(1584) 家康、尾張小牧山に陣して豊臣秀吉と戦い、また、岡崎城を攻略しようとした豊臣軍を長久手で破る。
天正14年(1586) 家康と秀吉の和議成立。
家康、秀吉の異父妹である朝日姫と結婚。
秀吉実母の大政所、岡崎に下向し、家康上洛する。
家康、居城を駿府城に移す。
天正16年(1588) 家康、京都屋敷造営のための木材調進を三河本願寺門徒に命ずる。
天正17年(1589) 家康領国の5か国に検地が行なわれ、郷村に家康の7か条定書が出される。
天正18年(1590) 秀吉、小田原の北条攻めを行い、家康先鋒役を命じられる。
家康、秀吉により関東に移封され、田中吉政岡崎城主となる。
文禄元年(1592) 文禄の役。
家康、肥前名護屋に滞陣し、秀吉の本営を固める。
慶長元年(1596) 家康、権大納言従二位から内大臣正二位に昇進。
慶長3年(1598) 秀吉死去。
慶長4年(1599) 家康、伏見城西の丸に入り、ついで、大阪城西の丸に移る。
慶長5年(1600) 家康、関ヶ原で石田三成軍を破る(関ヶ原の戦い)。
慶長8年(1603) 家康、征夷大将軍に任じられ、江戸幕府を開く。
慶長10年(1605) 家康、将軍職を秀忠に譲る。
慶長12年(1607) 家康、江戸城より駿府城に移る。
慶長15年(1610) 家康、名古屋城の築城工事に着手。
慶長19年(1614) 家康、大坂城の豊臣秀頼を攻める(大坂冬の陣)。
元和元年(1615) 家康、大阪城を落城させ、豊臣氏を滅ぼす(大坂夏の陣)。
「武家諸法度」および「禁中並公家諸法度」公布される。
元和2年(1616) 家康、太政大臣に任じられる。
家康、4月17日に駿府城にて死去、久能山に葬られる。
元和3年(1617) 家康、東照大権現の神号をうけ、日光山に改葬される。