条件指定検索
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
えどじだいのしょく~はってんをとげたせいかつ・ぶんか~

江戸時代の食~発展を遂げた生活・文化~

食に関する浮世絵や調度品などの資料や、食品サンプルを展示します!

  • 東海道五十三次之内(保永堂版)鞠子(二川宿本陣資料館所蔵)※原資料は前期のみ

    東海道五十三次之内(保永堂版)鞠子(二川宿本陣資料館所蔵)※原資料は前期のみ

  • 鳥居藤紋散し牡丹唐草蒔絵飯器/杓子(岡崎市所蔵)

    鳥居藤紋散し牡丹唐草蒔絵飯器/杓子(岡崎市所蔵)

江戸時代に入ると、大規模な新田開発や河川の改修により、生産力・経済力が向上し、武士や民衆たちの生活は、飛躍的発展を遂げました。人々の生活の発展に伴い、食文化も大きく展開していくようになります。朝・昼・晩の一日三食が普及し、また茶屋・屋台の発達により、外で食べる文化が広がりを見せるようになるなど、食文化の基礎が形成されました。
今回の企画展では、食品サンプルや浮世絵、説明パネルなどを通じて、東海道の名物や、徳川家康公の好んだ食を紹介していきます。また、武家の調度品や岡崎城跡の出土品から、江戸時代の膳と食器を展示していきます。
江戸時代に発展を遂げ、現代へと脈々と受け継がれていった食の文化に、興味を持つきっかけとなれば幸いです
  • 東海道五十三次之内(保永堂版)鞠子(二川宿本陣資料館所蔵)※原資料は前期のみ
  • 鳥居藤紋散し牡丹唐草蒔絵飯器/杓子(岡崎市所蔵)
 
DATA

基本情報

開催期間前期:2018年9月22日(土)~2018年10月24日(水)
後期:2018年10月26日(金)~2018年12月2日(日)
開催場所三河武士のやかた家康館
お問い合わせ 0564-24-2204
営業時間9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日会期中は休館日はございません。
なお、2018年10月25日(木)は展示替えのため一部展示物をご覧いただけません。
料金一般大人360円/一般小人200円
アクセスルート1:名鉄「東岡崎駅」より徒歩15分
ルート2:名鉄「東岡崎駅」より名鉄バス大樹寺行他「康生町」下車徒歩5分
ルート3:愛環「中岡崎駅」より徒歩10分
駐車場7:00~22:00…100円/30分
22:00-翌日7:00…50円/30分
※上限1,500円で24時間ご利用いただけます。
資料