新着トピックス

2月13日(土) 天候にも恵まれ、炭焼きの会主催の椎茸の菌打ち体験を行いました。小さな棒状の椎茸の種駒(椎茸菌)をクヌギ・コナラといった原木に深さ2cmほどのドリル穴をあけ、金づちで打ち込みます。

2月8日(土) やっと冬らしい日になりました。天候にも恵まれ、炭焼きの会主催の椎茸の菌打ち体験を行いました。小さな棒状の椎茸の種駒(椎茸菌)をクヌギ・コナラといった原木に深さ2cmほどのドリル穴をあけ、金づちで打ち込みます。菌打ちした原木を「ホダ木」と呼びます。時期的には1~3月です。なぜ1~3月といった寒い季節に菌打ち作業をするかというと暖かい時期ではほかの雑菌がドリル穴にいっしょに入り込んでしまうため、椎茸菌が負けてしまうんだそうです。

mics番組CATV131ch「何事じゃ」のロケで武将隊の酒井忠次と稲姫が来園しました。竹細工づくり体験と四阿(あずまや)までの散策を楽しみました。

1月18日(土)曇りのち晴
今朝は、昨日の冷え込みもなく穏やかな日になりました。お茶畑までの道中、少し暑いくらいでした。普段「お茶作りボランティア」活動に参加していただいている方々を中心に、寒茶作りを楽しみました。

11月16日(土) 晴れ
体験の森の畑で収穫したさつま芋を使って干し芋作りを行いました。大人には懐かしい干し芋です。子供たちはたいへん頑張ってお手伝いしてくれました。5月の苗さしから始まった「さつま芋づくり」体験も今回が最終になります。来年度も実施予定ですので是非ご参加ください。

10月5日(土) 晴天にも恵まれ、さつま芋掘り体験を行いました。5月25日(土)の苗さしから始まり、畑の手入れ、試し掘りを経ていよいよ収穫の時になりました。この後は、11月16日(土)に干し芋づくりで計4回のサツマ芋作り体験も最後になります。