条件指定検索
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             
  • 2020年12月
       
       
  • 2021年1月
             
               
おかざきじょうせきせいかいぼりはっくつちょうさげんちせつめいかい

岡崎城跡清海掘発掘調査現地説明会

岡崎城内最大級の堀跡の調査!

清海掘は本丸と持仏堂曲輪を隔てる大規模な空堀で、その名称は岡崎城最初の築城者である西郷頼嗣の法名「清海入道」からきています。
清海堀を含む本丸周辺の厳重な守りは戦国時代後期に徳川家康が築き上げた縄張りを現すものとも言われています。
現状深さ8メートルほどですが、堀底は土砂の堆積が相当あるものと思われており、調査によって本来の深さや形状などを確認することを目的としています。

本イベントは、この清海掘の調査状況を生で見られる唯一の機会です。申し込み不要なので、お気軽にお越しください。
 
DATA

基本情報

開催期間2020年2月1日(土)
開催時間1回目/9:30
2回目/13:30
※2回とも同じ内容です。
開催場所二の丸能楽堂(岡崎公園内)
お問い合わせ 0564-23-7270(社会教育課)
アクセスルート1:名鉄「東岡崎駅」より徒歩15分
ルート2:名鉄「東岡崎駅」より名鉄バス大樹寺行他「康生町」下車徒歩5分
ルート3:愛環「中岡崎駅」より徒歩10分
駐車場7:00~22:00…100円/30分
22:00-翌日7:00…50円/30分
※上限1,500円で24時間ご利用いただけます。
予約不要。直接会場へ
資料