条件指定検索
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2017年11月
         
       
  • 2017年12月
             
               
  • 2018年1月
     
         
  • 2018年2月
           
         
  • 2018年3月
           
  • 2018年4月
             
  • 2018年5月
       
       
  • 2018年6月
             
  • 2018年7月
           
  • 2018年8月
         
     
  • 2018年9月
               
               
  • 2018年10月
     
         
はくおうき とうけんろく ~ばくまついしんのとうけんてん~

薄桜鬼 刀剣録 ~幕末維新の刀剣展~

恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」を通して幕末にゆかりのある様々なものを展示。

  • 家康館で記念撮影をどうぞ!

    家康館で記念撮影をどうぞ!

  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

    展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

    展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

    展示室内は一部を除き写真撮影OKです。

  • 館内に物販コーナーもあります。

    館内に物販コーナーもあります。

  • 館内に物販コーナーもあります。

    館内に物販コーナーもあります。

約150年前、日本の方向性を大きく変えた明治維新。幕末から維新にかけての大変革ののち、列強に翻弄されながらも日本は世界に認められてきました。その幕末には様々な事件や戦が起き多くの血が流れました。幕末維新は西洋から銃器が流入する中、日本刀が最後の華を咲かせた時代でもあります。戦乱の予兆に合わせて武士用には振幅の広い刀身に大きな切っ先をした刀剣が作られ、活躍する公家や商人用に細身の太刀姿のものが作られました。明日の未来を切り開くため、個々の信念に基づき駆け抜けた幕末の志士や新選組の隊士たち。今回の展示では彼らと関係の深い名刀を恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼」に登場する志士たちを通して展示します。様々な事件に関わった刀剣から懸命に生きた彼ら武士の「心」を感じていただき、現代にもつながる伝統工芸の「技」の結晶である日本刀を知るきっかけとなればと思います。また今回の展示では刀剣だけではなく、幕末期に関係のある銃器や掛軸なども合わせて展示します。

また、会場では薄桜鬼刀剣録のプレミアムグッズが購入できるセレクトショップも設置しています。
  • 家康館で記念撮影をどうぞ!
  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。
  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。
  • 展示室内は一部を除き写真撮影OKです。
  • 館内に物販コーナーもあります。
  • 館内に物販コーナーもあります。
 
DATA

基本情報

開催期間2017年7月15日(土)~2017年10月1日(日)
お問い合わせ 0564-24-2204(三河武士のやかた家康館)
営業時間9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日会期中に休館日はございません。
料金岡崎城
一般大人200円/一般小人100円
三河武士のやかた家康館
一般大人360円/一般小人200円
岡崎城と三河武士のやかた家康館の共通入場券
一般大人510円/一般小人270円
アクセスルート1:名鉄「東岡崎駅」より徒歩15分
ルート2:名鉄「東岡崎駅」より名鉄バス大樹寺行他「康生町」下車徒歩5分
ルート3:愛環「中岡崎駅」より徒歩10分
駐車場7:00~22:00…100円/30分
22:00-翌日7:00…50円/30分
※上限1,500円で24時間ご利用いただけます。
ウェブサイト 物販についてはこちらをご覧ください。
資料