条件指定検索
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
ひがしすみやぐら

東隅櫓

この東隅櫓は2010年3月に再建されました。
城の中核となる二の丸に繋がる切り通しを守る最後の砦で明治初頭まで存在していました。
「望楼式二重櫓」と呼ばれる木造2階建で、入母屋造りの屋根は、岡崎藩主を務めた本多氏の家紋立葵が刻まれた本瓦葺きになっています。
壁は白漆喰塗りで、高さ約9.4m。かつて東曲輪だった岡崎公園駐車場の南東角に位置しています。
天明元年(1781年)の「岡崎城絵図」を基本資料としていますが、東隅櫓の図面は現存しなかったため、同時代に築かれて今も現存している松山城の野原櫓などの形式を参考にして建設されました。
また、石垣には場内で発掘された石材が使われています。
 
DATA

基本情報

住所 〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1