「ホタルのランプツリーをつくろう」を実施しました!

 (鳥川ホタルの里)

どんなランプツリーができるかな?

  • 講師はコノハ美術の池田さん

    講師はコノハ美術の池田さん

  • 額田の間伐材がランプツリーの土台になります

    額田の間伐材がランプツリーの土台になります

  • どんな形の土台にしようかな?

    どんな形の土台にしようかな?

  • オリジナリティ溢れる形の土台です

    オリジナリティ溢れる形の土台です

  • ランプツリーができあがりました!

    ランプツリーができあがりました!

  • ホタルもしっかりとついていますよ!

    ホタルもしっかりとついていますよ!

  • ホタルの棲む鳥川や、看板まで再現してくれています!

    ホタルの棲む鳥川や、看板まで再現してくれています!

  • 暗幕をして電気を消してみました!

    暗幕をして電気を消してみました!

  • あかりをつけると、とってもキレイです!

    あかりをつけると、とってもキレイです!

  • とてもすてきなランプツリーができあがりました!

    とてもすてきなランプツリーができあがりました!

2021年12月5日(日)「ホタルのランプツリーをつくろう!」を実施しました。9時30分にホタル学校の多目的ルームに集合し、家族毎にテーブルに座ります。全員が揃ったところで講師から挨拶がありました。今回の先生はコノハ美術の池田さんです。ランプづくりのポイントの説明の後、先生がつくったランプツリーを見せてもらいました。各テーブルには先生に用意していただいた様々な資材が置かれています。今回のランプツリーの土台は額田地区で間伐した木材を使用して製作します。木のとても良い香りがしましたね。ホタルの生息する環境を保護していくためには、木の間伐や、木を利用することが大切なんです。まずはランプツリーの土台部分を作成していきます!みなさん真剣に土台の構造を考えていました。しばらくすると、2階建ての土台や、3階建ての土台など、オリジナリティ溢れる土台が出来上がっていました。先生の想像を超えるオリジナリティ溢れる土台が次々と出来上がっており、先生もとても驚かれておりました!土台ができた後はシェードの部分を作っていきます。和紙、シール、画用紙なども使ってゲンジボタルを作っていきます。出来上がったゲンジボタルをシェード部分にひっつけて完成です!みなさんの作品が完成したところで暗幕をしめ、電気を消して、ランプツリーを点灯してみました。ホタルの飛翔のようにキレイに光るランプツリーにみなさん感動している様子でした。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!とてもすてきなランプツリーができましたね。次回はぜひ6月に幻想的なゲンジボタルの飛翔を見に来てくださいね!