里山保全活動(ボランティア)を実施しました!

 (おかざき自然体験の森)

まずはノコギリで竹を切り倒します。

  • どこに倒すか決めてから反対側をノコギリで切っていきます。

    どこに倒すか決めてから反対側をノコギリで切っていきます。

倒れる時には必ず周りの人に声かけします。今回の作業場所Fコースまでは管理道路を登りで約30分歩いて行く必要があり、作業前に疲もあったかと思いますが、元気とチームワークで手際よく作業していただきました。

切った竹の枝を払い、2.5mづつに切り、F路線の下まで運んでトラックに積み込みます。

  • 木の棒で枝打ち、どんどん取れて気持ちいい~

    木の棒で枝打ち、どんどん取れて気持ちいい~

  • 枝払いのあと2.5mづつで切り分けます

    枝払いのあと2.5mづつで切り分けます

  • 切った竹を運び出します、これがたいへん!

    切った竹を運び出します、これがたいへん!

  • 軽トラックに積み込み(一杯になりました)

    軽トラックに積み込み(一杯になりました)

細い枝なら先端側から棒でたたくと簡単に取れます。ものさし代わりに2.5mの竹を使っています。切った竹は路線下に置いてある軽トラックまで何回も運んでもらったので戻る時の登りはたいへんです。

管理棟まで戻って集合写真です。

  • はーい、やったぞ~

    はーい、やったぞ~

今回は豊興工業さん21名と個人参加の方3名に参加いただきました。
竹林整備もおかげさまでかなり進みました。
自然の中での活動でリフレッシュもしていただけたなら幸いです。
たいへんありがとうございました。

伐採した竹はイベントや施設内の柵などに有効活用します。
里山整備ボランティア活動は毎月第4土曜日で募集しています。
今後ともよろしくお願いいたします。