三菱自動車工業㈱岡崎工場新人研修で外来植物の駆除を実施していただきました!

 (おかざき自然体験の森)

全員でスタート!!

  • 慣れない胴長をはいていざ池の中へ!!

    慣れない胴長をはいていざ池の中へ!!

  • やっとここまで来ました。

    やっとここまで来ました。

  • あと、もう少しだ!!

    あと、もう少しだ!!

  • 作業終了!手前のバケツを使い、いわゆる「バケツリレー」で運び出してもらいました。

    作業終了!手前のバケツを使い、いわゆる「バケツリレー」で運び出してもらいました。

参加者は三菱自動車工業㈱の新人職員20名と指導員4名です。
まずは、おかざき自然体験の森の職員から、施設の紹介や生物多様性の必要性について説明し、
自然環境保全(外来種対策)についてご理解をいただきました。
次に、本日の作業対象である特定外来植物「オオフサモ」ついて説明し、
作業で注意するポイントをお伝えしました。
<注意点>
オオフサモは茎や葉の切れ端だけでも増殖するため
・茎や根を残さないで抜き取ること
・切れ端も回収すること
これらを念頭に作業してもらいました。

午前中5名の方にはビオトープ内の樹木の根を保護するための水道掘りも行っていただきました。
あいさつなど指導員さんの号令でテキパキ行動されていて、たいへん好感を受けました。
酷暑の中での作業でしたので、指導員の方は個々の体調にも細かな気遣いをされていました。

特定外来植物で埋め尽くされていた沈砂池もチームワークと機動力でみるみるきれいになっていきました。
今ではメダカも気持ちよく泳ぎまわり、トンボも早速飛び回っています。
特定外来植物の駆除は一回で終わるものではなく、毎年根気よく駆除していかない限り根絶できません。
今後も若いエネルギーで手助けしていただければと思います。

終わった~!!

  • 記念写真撮影を隣りから撮らせていただきました!!

    記念写真撮影を隣りから撮らせていただきました!!

  • 水面が表れ、こんなにキレイになりました!!

    水面が表れ、こんなにキレイになりました!!

記念撮影のため、もう一度入れ~との号令一発!!みなさん酷暑の中、長時間ほんとうにお疲れさまでした。


これらの活動に対するレポートが三菱自動車工業㈱のHPに掲載されています。(←こちらをクリック)