メリケントキンソウとの闘い4

 (こども自然遊びの森 わんPark)

あかりをつけましょ・・♪

子どもたちが図らずも口ずさむ、春のあの歌。お客様が、ひな人形をつくってくださいました。ドングリの殻斗(はかま、帽子ともいう)を使った巧みな人形に、感激です!

うららかな春は屋外にも。園内を、さまざまな緑と花が彩り始めていました。

植物たちのまばゆい共演

春の花が開き始めると、なにかと気分の良いものです。まだ初春ということもあり、背は低め。地べたを這うように花を咲かせ、あたたかな地面の恩恵を受ける・・。植物の知恵ですね。

こんな緑も・・

やわらかな緑、若草色。ツメクサの芽吹きだな、なんて見ていると。

あれれ、あれ・・

なんか見たような顔が・・

やっぱりメリケントキンソウ

ひときわ目立つ黄緑色の植物、やっぱりメリケントキンソウでした。除草剤を2回散布した芝生広場には、今のところ姿が見えないので安心していましたが、1回散布にとどめていたどろんこプールの周囲では、きちんと種が残っていたんですね。「メリケンくん、たくましさはよくわかる。でも、ここでは生えちゃダメだよ!」とばかりに、根っこから引き抜くように除草しました。

今日、除草したのは40株ほど。今のところほかに発生地は見当りませんでした。これからの春本番、陽気についつい気が緩みがちですが、気を引き締めないといけないようです。