ホタルの里・夏の星空観望会を行いました。

 (鳥川ホタルの里)

教室で今日見える星空案内

8月17日(土)19時から、岡崎市ホタル学校でホタルの里・夏の星空観望会を行いました。まず、星空案内人「ヒカリン」さんによる今日見える星空解説でスタートしました。夏の大三角を中心に七夕の星たちの話。木星や土星の話。月の満ち欠けの話。ペルセウス座流星群の話など、イラストやクイズを使った解説で楽しく学ぶことができました。

七夕の星と巨大惑星を観察

19時30分から、校庭で「星見企画・星と遊ぶ会」スタッフの方たちが持って来てくれた天体望遠鏡を使い、星空の観察をしました。あいにく薄雲がでていて暗い星が見えずらかったのですが、夏の大三角は、はっきり確認できました。望遠鏡では木星のしましま模様、大赤斑、ガリレオ衛星や土星の輪がよく見えました。月の出が遅かったのでクレーターが観察できなかったこと、ペルセウス座流星群が一つも見れなかったことが心残りです。遠くから参加していただいた皆さん、スタッフの皆さん、誠にありがとうございました。
 

天体望遠鏡使い方をマスターしよう!

星空観望会に先立ち、17時から18時までは、望遠鏡使い方教室を行いました。望遠鏡を持っているけれど、使い方がよくわからない?という方のための教室です。御自身の望遠鏡をお持ちいただき、星の導入の仕方を練習していただきました。あとは、「習うより慣れろ!」と言われるとおり、反復練習が大切です。天気の良い日は毎晩、練習しましょう。

次回は9月14日(土)に名月鑑賞会を行います。今度は、月のクレーターが手に取るように見えますよ。御期待ください。