「ヨモギを摘んでおもちつき」を開催しました!

 (こども自然遊びの森 わんPark)

春だ!お待ちかねのおもちつき

わんParkでは、4月になると大人気のイベントが開催されます。
その名は「ヨモギを摘んでおもちつき」。毎年満員になる、恒例イベントです。
今年も緑のおもちができあがりましたよ~。

まずはヨモギを摘みましょう

今年はヤマザクラの開花は早かったものの、ヨモギの出足は少し
遅めでした(3月に、だいぶ早めの草刈りをしたからかも…)。

そのため、雑草の王者(?)にしては姿が少なかったヨモギが
あったのは、ひと区画だけ。それでも2日間、30組分のヨモギを
供給できちゃうあたり、さすがです。

とったど~!

スタッフから見分け方を聞いた子どもたちは、勇んでヨモギをたくさん
摘みました!ビニール袋いっぱいになった人もいましたよ。

さっそくおもちをつこう!

ジリリリ… 餅つき機のブザーが鳴れば、もち米の蒸し上がり!
事前にあく抜きをして刻んだヨモギ、80gほどを合わせたら、
みんなで息を合わせて、ぺったんぺったん!

おもちを試食しましょう

できあがった緑のおもちは、ハウスの中でみんなで試食!(これが楽しみ)

頬張れば、春の香りがふんわりと広がります。
スタッフの手がおもちでベタベタなので、写真が撮れずうまく
伝わりませんが…子どもたちからも、親御さんたちからも、
「おいしい~」という声が聞こえてきましたよ。

摘んだヨモギはおみやげです

摘んだヨモギは、お餅にしてもよし、乾燥させてお風呂に入れてもよし、
天ぷらやかき揚げにしてもよし。それぞれが楽しんでもらえたら、こんなに
うれしいことはありません。

今年も無事に終了して、スタッフもほっとひと息。きっと来年も開催すると
思いますので、今回参加できなかった人、ぜひ来てくださいね~!