かがくフェスタで「北山湿地」を紹介しました!(北山湿地)

ブース準備風景

  • 水槽生体展示全体です。

    水槽生体展示全体です。

  • カワムツとカワバタモロコ

    カワムツとカワバタモロコ

  • シュレーゲルアオガエルくん

    シュレーゲルアオガエルくん

  • 大平仁夫先生の昆虫標本

    大平仁夫先生の昆虫標本

  • ブース内の受付です。

    ブース内の受付です。

かがくフェスタは岡崎市総合検査センターで開催される年に1度の施設公開のイベントです。(開催日:平成29年8月11日(祝))理科が大好きなお子さんや、科学に興味を持っている人が大勢訪れます。

今年はそのかがくフェスタの来場者に北山湿地を知っていただこうと、「愛知県天然記念物『北山湿地』のめずらしい生きもの」と題し、特設ブースを設けました。

パネル展示、写真、標本のみでは北山湿地の良さは伝わりにくいのではと、おかざき湿地保護の会の方からの御意見もあり、特別に許可(※)をとり、生体展示も行いました。

しかし、半日で捕まえるのは大変で「もっとこの動物を見てもらいたい!」というこちら側の要望もあったのですが、とりあえず捕獲できたものを展示することにしました。(次回はもう少し早く準備するぞ!)

※北山湿地は愛知県の天然記念物であり、岡崎市の自然環境保護区に指定されています。許可を受けずに捕獲することは条例で禁止されています。

当日の風景

  • 生体展示は人気です!

    生体展示は人気です!

  • パネルも見ていただきました!

    パネルも見ていただきました!

  • 岡崎市立東海中学校のパネル展示も!

    岡崎市立東海中学校のパネル展示も!

かがくフェスタ当日は666人の御来場があり、会場は大賑わい!子どもさんは生体展示に食い入るように見ていました。北山湿地を代表する「オオミズゴケ」と、伐採木でディスプレイした水槽には、生き物が隠れているため、宝探しのように生き物を探し、親子連れも楽しんでいました。

来場者アンケートの結果

ブースにご来場いただいた皆さんに簡単なアンケートに答えていただきました。

大人用:1、北山湿地を知っていますか。2、北山湿地に行ってみたいですか。
子供用:1、一番好きな北山湿地の生き物はなんですか。2、北山湿地に行ってみたいですか。

アンケートの回収は大人70人、子供148人でした。
北山湿地の周知度は23%でした。個人的には2割の人が知ってくれていることに少し驚きました。(当然もっと周知率をあげなくてはいけません…)大半の参加者は、北山湿地を知らなかったけれど「行ってみたい!」という回答でした。ブースを訪れた皆さんに、北山湿地を少しでも知ってもらえて本当によかったです。

子供の回答の中で一番人気だった生き物はというと・・・「カナヘビ」でした。

北山湿地を代表する生き物…ではないですが、やはり生体展示で愛嬌を振りまいていたのはカナヘビだったようです。その他にも「ヒメタイコウチ」や「コケ」といった意見もありました。

今後も多くの市民に北山湿地を知ってもらい、環境を保全する大切さを知ってもらうために、様々な企画をしていきたいと思います。

※投稿者:もりもと(環境保全課自然共生係)
p.s.イベント終了後は、もちろん生体展示の生きものたちには北山湿地に帰っていただきました!