第2回ホタルマスターファミリー講座を開催

ホタルを取り巻く自然環境を探る

  • ホタルの里には動植物がいっぱい

    ホタルの里には動植物がいっぱい

2017年5月9日(日)、岡崎市ホタル学校で第2回「ホタルマスターファミリー講座」が開催されました。

晴天に恵まれ、子どもたちも元気に集合

  • 第2回から参加の家族も

    第2回から参加の家族も

  • さっそく外に移動します

    さっそく外に移動します

今回のテーマは「ホタルの里の昆虫や植物を調べよう」です。前回はホタルの生態について学びましたが、今回は視野を広げてホタルの棲む環境に暮らす他の生き物や関係する植物などについて学びます。

自然の中に隠された人工物を探せ

  • ゆっくり歩きながら隠された人工物を数えます

    ゆっくり歩きながら隠された人工物を数えます

  • 本物そっくりですが人工物です

    本物そっくりですが人工物です

  • これも紛らわしいけど作り物・・・

    これも紛らわしいけど作り物・・・

  • ゴール地点で見つけた数を伝えます

    ゴール地点で見つけた数を伝えます

  • やったぁ☆2回目で全部見つかったよ

    やったぁ☆2回目で全部見つかったよ

子どもたちはマイ網を手に虫捕りを待ちきれない様子でしたが、まずは自然の中に隠された人工物を探す「カモフラージュ」というプログラムでウォーミングアップします。

ロープに沿ってゆっくり歩きながら、人形やスプーンなどの人工物がいくつあるのか数えていき、ゴール地点でいくつ見つかったかスタッフに答えます。チャンスは2回、全部見つけられるかな?

昆虫が生き残るための知恵

  • 一つずつ答え合わせ

    一つずつ答え合わせ

  • 分かりやすかったもの、分かりにくかったものを選別

    分かりやすかったもの、分かりにくかったものを選別

  • 色や素材が周りに似たものは見つけにくい

    色や素材が周りに似たものは見つけにくい

  • 昆虫も周りの色に合わせて身を隠す(擬態)

    昆虫も周りの色に合わせて身を隠す(擬態)

  • 隠れていた昆虫を発見!

    隠れていた昆虫を発見!

一通り終わったところで、カモフラージュの答え合わせをしました。周りと同じ色や材質のものは言われるまで気づかないケースが多いです。昆虫も同じで、周りに色や質感を似せることで天敵から身を隠したり、捕食対象に気づかれないようにしています。これを擬態(ぎたい)といいます。写真で実際の昆虫がどうやって身を隠しているか確かめました。

カモフラージュの体験でずいぶんと自然を見る目が鍛えられたのではないでしょうか?それではいよいよ昆虫を探しに行きましょう!

フィールドビンゴで生き物探し

  • カードに書かれた生き物を探します

    カードに書かれた生き物を探します

  • 生き物探しにレッツゴー!

    生き物探しにレッツゴー!

  • トンボをつかまえたよ!

    トンボをつかまえたよ!

  • 花粉を食べに来たコアオハナムグリ

    花粉を食べに来たコアオハナムグリ

  • この生き物はどれかな?

    この生き物はどれかな?

  • オオセンチコガネ。色はきれいですがシカの糞が好き

    オオセンチコガネ。色はきれいですがシカの糞が好き

  • ひらひらと舞うベニシジミ

    ひらひらと舞うベニシジミ

参加者に2枚ずつフィールドビンゴカードが配られました。それぞれに昆虫と植物が25個ずつ書かれており、見つけた生き物を記録しながらビンゴを目指します。

この日は風が強い日でしたが、じっくりと足元を見て探すといろいろないきものが見つかりました。フランスギクに集まるコアオハナムグリ、シカの糞に集まるオオセンチコガネ、花を求めて飛ぶベニシジミ、そうした他の昆虫を食べるジョウカイボンなどなど…。小さな空間の中でも、生き物がいる以上は食べるー食べられるという関係があり、生態系ができているということが分かります。

生き物が教えてくれる環境の変化

  • こんなの捕まえたよ!

    こんなの捕まえたよ!

  • 最後にそれぞれの生き物の名前と生態を解説

    最後にそれぞれの生き物の名前と生態を解説

最後に昆虫や植物の解説を行いました。虫の名前は覚えにくいですが、由来や特徴を押さえておくと結構記憶に残ります(小さくて=ヒメ、羽の裏に波模様がある=ウラナミ、蛇の目の模様=ジャノメ→ヒメウラナミジャノメ、など)。

ある生き物がそこにいるということは、その生き物にとって適した環境が整っているということの裏付けです。逆に言えば、いたはずの生き物がいなくなったり、今までいなかった生き物が見つかり始めるというのは環境に変化が起きているということですね。普段は見落としがちな身近な生き物ですが、じっくり観察すれば環境の違いや変化を読み解くことができるようになるでしょう。

これまでの2回でホタルやホタルを取り巻く環境についてだいぶ理解が深まりったのではないでしょうか?次回は6月4日、いよいよホタルの成虫を観察します!お楽しみに!