条件指定検索
カテゴリー
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           
  • 2023年2月
         
           
  • 2023年3月
         
     
  • 2023年4月
               
               
  • 2023年5月
     
         
  • 2023年6月
           
     
げんじぼたる

ゲンジボタル

 (鳥川ホタルの里)

日本を代表するホタルで岡崎市の天然記念物に指定されています。

  • 昼は葉陰で休んでいます。

    昼は葉陰で休んでいます。

  • 夜八時ごろから光りながら飛翔します。

    夜八時ごろから光りながら飛翔します。

  • ホタルの光はオスとメスが出会うための合図です。

    ホタルの光はオスとメスが出会うための合図です。

  • 幼虫は水の中で暮らします。幼虫も光ります。

    幼虫は水の中で暮らします。幼虫も光ります。

  • 脱皮中の幼虫です。脱皮したては白いんですよ。

    脱皮中の幼虫です。脱皮したては白いんですよ。

  • 一年かけて、だんだん大きくなります。

    一年かけて、だんだん大きくなります。

  • カワニナ(巻貝)しか食べません。

    カワニナ(巻貝)しか食べません。

  • 上陸し土の中でサナギになります。サナギも光ります。

    上陸し土の中でサナギになります。サナギも光ります。

  • 黄色っぽい粒が卵です。卵も光ります。

    黄色っぽい粒が卵です。卵も光ります。

  • 6月の夜、川面を飛翔します。

    6月の夜、川面を飛翔します。

日本で一番大きなホタルで日本の固有種です。鳥川ホタルの里では、5月下旬から6月中にかけて成虫となり、オスは強い光を放ちながら飛翔し求愛します。ここでは、流域2キロメートルの間でピーク時に1,000匹を超える光の乱舞が楽しめる全国有数のホタル観賞スポットです。
  • 昼は葉陰で休んでいます。
  • 夜八時ごろから光りながら飛翔します。
  • ホタルの光はオスとメスが出会うための合図です。
  • 幼虫は水の中で暮らします。幼虫も光ります。
  • 脱皮中の幼虫です。脱皮したては白いんですよ。
  • 一年かけて、だんだん大きくなります。
  • カワニナ(巻貝)しか食べません。
  • 上陸し土の中でサナギになります。サナギも光ります。
  • 黄色っぽい粒が卵です。卵も光ります。
  • 6月の夜、川面を飛翔します。
 
DATA

基本情報

住所 〒444-3614 愛知県岡崎市鳥川町字小デノ沢5-1
電話番号 0564-82-3027(ホタル学校)

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。

同意する