GO FOR IT!(地域に関連する東京オリンピック・パラリンピック情報)

GO FOR IT!(地域に関連する東京オリンピック・パラリンピック情報)

今回、トヨタ自動車に所属している山本聖途選手にお話しを伺いました。山本選手は多忙のため、メールでのやり取りとなりました。
山本選手は2012年のロンドンオリンピック、2016年のリオデジャネイロオリンピックと今まで2回オリンピックに出場されています。またオリンピックの同年には5m77cmを跳び、室内の棒高跳び日本記録を樹立するなど、日本の陸上競技を牽引している選手です。そんな山本選手に、質問をしました。

Q1.競技はいつ頃から始めましたか?始めたきっかけはありますか?
 

A1.中学2年の夏から、後に進学した岡崎城西高校の先生に勧めていただき始めました。

Q2.棒高跳びの競技としての難しさはどんな所でしょうか?

A2.棒高跳びは1つの高さに対して3回試技があります。いかに1回目でクリアするかによって順位が変わるのでライバルとの駆け引きが難しいです。

Q3.今まで競技をしていて、つらかったことはありますか?それをどのようにして乗り越えましたか?

A3.腰を疲労骨折してしまい約2年半思うように練習ができなかった時期があります。しかし目標である世界陸上やオリンピックに出場し、戦いたいという強い気持ちが乗り越えさせてくれました。

Q4.試合当日はどのように過ごしていますか?試合前にしていることはありますか?

A4.棒高跳びの仲間と楽しく話しています。

Q5.棒高跳びをする上で1番重要だと思うことを教えてください。

A5.恐怖心の生まれる競技なので強い気持ちを持つこと。(高所恐怖症ですが、、、)

Q6.オリンピックに出場することをいつ頃から意識し始めましたか?

A6.大学3年生の春に5m60を跳びオリンピックの参加記録を突破した時です。

Q7.オリンピックに出場して印象に残ったことを教えてください。

A7.4年に1度開催されるオリンピック。海外選手のオリンピックのためにここまでやってきた。という強い気持ちを感じました。

Q8.もし、小学生・中学生から棒高跳びを始めたいと相談されたら、どのようなことを教えますか?

A8.何事も基本が大事なので徹底的に基本の動作を教えます。

Q9.岡崎中央総合公園は利用したことがありますか?どのように利用されましたか?

A9.岡崎市民体育祭に参加しました。

Q10.もし自分が岡崎中央総合公園で練習するとしたら、どのようなメニューを考えますか?

A10.坂道を利用して坂ダッシュをします。

Q11.岡崎市の印象を教えてください。

A11.緑あふれる市であり、徳川家康に代表される歴史、私の大好きな八丁味噌に代表される伝統産業、春の家康行列や夏の花火大会等のイベントも満載の、魅力にあふれる岡崎市です。

Q12.オリンピックの意気込みや目標を教えてください。

A12.東京オリンピックでは自己ベストを更新し、メダルを獲得したいです。

編集後記
岡崎中央総合公園も利用したことがあるという山本選手。今年にはオリンピックの選考大会でもある日本選手権が開催されますが、日本選手権でも好記録を樹立し、オリンピックでも輝いて欲しいと思います。岡崎中央総合公園では、山本選手を応援していきたいと思います。ご協力ありがとうございました。