観光大使が送る、葵桜(河津桜)情報♪

葵桜レポート【平成29年3月24日】

みなさん、こんにちは♪
観光大使おかざきの田村汐里です!

葵桜は3月24日現在、ところどころで葉が顔を見せていました!
花びらと葉の色のコントラストが、春らしくてきれいです♪♪

満開の木も何本かあり、まだ楽しめそうです!

お立ち寄り情報☆

「六所神社」

 
名鉄東岡崎駅から東へ徒歩3分ほどのところに、「六所神社」があります。
六所神社は、天文11年(1542年)12月26日に竹千代君(家康公)が誕生した際、産土神として参拝されたという、家康公ゆかりの神社です。
社殿、楼門、神供所と御厨子6基、社殿の棟札6枚が国の重要文化財に指定されている、豪華な神社です。

葵桜を歩いて見にいかれる方には、ぜひお立ち寄りくださいね♪
(現在修復事業が行われていますが、ご参拝はできるそうです)

お越しの際には…(お願い)

葵桜をご覧にお越しになる際は、名鉄東岡崎駅の9番バスのりばから、岡崎駅前行に乗っていただくと約5分で「竜美丘会館前」に到着します。
途中に家康公ゆかりの神社などもありますので、ゆっくり歩きながらお越しになるのもオススメです。
乙川の川の流れをながめながら、ピンク色の並木道めざして散策するのも気持ちよさそうですね☆
観覧のための駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用くださいね。
 

お問い合わせ先

葵桜と彼岸花を育てる会
三橋さん宅 電話0564-23-9511

葵桜とは?

岡崎公園の桜(ソメイヨシノ)より一足先に見ごろを迎える「葵桜」をみなさんご存知でしょうか?

名鉄東岡崎駅の前の道を東に向かうと、歩いて15分ほどのところに竜美ヶ丘会館(岡崎市東明大寺町)があり、その裏となる北側に乙川が流れています。
葵桜はその乙川沿いに植えられている「河津桜」という種類の桜なんです。
2001年に21世紀の幕開けを記念して、「葵桜を育てる会」のみなさんがボランティアで植えて育ててきたそうです。
今では「葵桜と彼岸花を育てる会」として秋の彼岸花もお世話されているそうですよ。

葵桜レポート【平成29年3月12日】

みなさん、こんにちは♪
観光大使おかざきの田村汐里です!

先日レポートしたときはまだ一分~二分咲きだった葵桜(河津桜)が、3月12日現在、見ごろを迎えていました。
ご覧のように、少し濃いめのピンク色で初々しいかわいらしさです☆
よく見ると花びらの数も多いです。
気候も過ごしやすくなってきて、大勢の方がお花見をされていました。
みなさんもぜひ、岡崎で一番早く咲く桜をご覧くださいね!

葵桜レポート【平成29年2月28日】

みなさん、こんにちは♪
2017観光大使おかざきの田村汐里です!

最近はだんだん暖かくなってきて、春の訪れが感じられますね☆

岡崎の桜といえば、岡崎公園のソメイヨシノが有名ですが、ソメイヨシノよりも少し早く咲く桜をご紹介します!
岡崎市竜美丘にある「葵桜」といわれる、河津桜です。

私が訪れた日は2月28日。
ところどころ咲き始めているくらいで、だいたい1分から2分咲きくらいでした。
このような濃いピンク色の花が、およそ1ヶ月かけて咲きます。
見ごろは花に勢いのある6分から8分咲きのころと言われています!
昨年は3月10日ころ、一昨年は3月18日ころに見ごろを迎えたそうなので、今年もあと1、2週間ほどで楽しめると思われます♪

みなさんもぜひ、岡崎の葵桜をご覧になってくださいね!
これから、葵桜の満開まで、レポートさせていただく予定です☆
この記事を書いた人
2017観光大使おかざきの白井梨花と田村汐里です!

2017観光大使おかざきの白井梨花と田村汐里です!

2017観光大使おかざきの白井梨花と田村汐里です!
岡崎の見どころや美味しいものをご紹介しています!
ぜひ参考にしてくださいね♪