観光スポット

伊賀八幡宮

伊賀八幡宮

松平家(徳川家の祖)の4代親忠は、文明2年(1470)に氏神として伊賀八幡宮を勧請しました。5年後に氏寺(菩提寺)として創建の大樹寺と共に、江戸時代にわたっても将軍家の厚い崇敬をうけました。家康も、大きな合戦の時には必ず参詣したといわれ、徳川家の武運長久・子孫繁栄の守護神。3代将軍家光が境内整備をした本殿・隨神門・神橋など、ほとんどが国の重要文化財です。

【スポット情報】

名称 伊賀八幡宮
場所 伊賀町東郷中86
駐車場 20台
交通アクセス 名鉄「東岡崎駅」から名鉄バス奥殿陣屋行他「八幡社前」下車徒歩3分
お問い合わせ先 0564‐26‐2789

【周辺マップ】


大きな地図で見る