観光スポット

法蔵寺

法蔵寺

家康が幼少のころ、手習いや漢籍などの学問に励んだと伝えられる寺で、硯箱・硯石・手本・机・墨付小袖・破魔弓など家康幼少期の品のほか、境内には六角堂開運勝利観音・東照権現宮・家康ゆかりの草紙かけ松・おてならい井戸・お手植えの桜などの文化財も多く現存しています。桶狭間の合戦後、家康はこの寺に守護不入の特権を与えるなどして優遇しました。また、山腹には新撰組隊長近藤勇のものと伝わる首塚もあります。

【スポット情報】

名称 法蔵寺
場所 本宿町寺山1
駐車場 あり
交通アクセス 名鉄「本宿駅」下車徒歩6分
お問い合わせ先 0564‐48‐2636

【周辺マップ】


大きな地図で見る