~楽しく花火を見るために~

~楽しく花火を見るために~

花火大会を楽しく・安全にご覧いただくため、下記の注意事項を必ずお守り下さい。また、当日の混雑状況などの情報もありますので、観覧の参考にしてください。

〈熱中症にご注意!!〉

各地で熱中症患者が続出しています。熱中症にならないために、万全の対策をしてご観覧いただきますようお願いいたします。

(1)日差しをよける帽子をかぶる

(2)水分だけでなく塩分も補給する

(3)通気性、吸収性のいい服装で出かける

(4)少しでも具合が悪くなったら日陰で休む

(5)体調が悪い場合は出かけない

※小さな子供さんや高齢者の方は特に、長時間炎天下で過ごすことのないようにしてください。

〈ゴミは各自で持ち帰りましょう!〉

●乙川会場にはゴミステーションの設置がありますが、矢作川堤防、岡崎中央総合のビュースポットにはゴミステーションがありませんので、必ずゴミは持ち帰ってください!近隣住民の方に迷惑をかけないよう、モラルある行動をお願いします。

◆アクセス編

(1)会場選び

岡崎の花火大会は、乙川河畔と矢作川河畔の2箇所で花火を打ち上げています。観覧目的に合わせて、会場を選択しましょう。

  • ●さ敷の入場券を持っている ●屋台で飲食を楽しみたい   → 乙川会場へ
  • ●迫力のある花火を間近で見てみたい ●混雑していない場所でゆっくり楽しみたい → 矢作川堤防へ
  • ●遠くからでいいので、混雑していない場所 でゆっくり楽しみたい  → 岡崎中央総合公園花火ビュースポットへ

(2)会場へのアクセス

花火をみる会場が決まったら、次にアクセス方法を確認しましょう。

●車でのアクセス

→当日は市内の道路が大渋滞となります。また乙川会場及び矢作川堤防周辺には十分な駐車場がありませんので、車でのご来場はできるだけご遠慮ください。

→岡崎中央総合公園ビュースポットは駐車場に余裕がありますが、16時頃には市内の道路が混雑するため、早めの移動をおすすめします。

●電車でのアクセス

→目的の会場に合わせて降車駅を選んでください

 

【乙川会場で観覧の方】

・名鉄名古屋本線 東岡崎駅下車・岡崎公園前駅下車 徒歩10分

・愛知環状鉄道 中岡崎駅下車 徒歩10分

・JR東海道本線 岡崎駅下車、愛知環状鉄道に乗り換えて、中岡崎駅下車 徒歩10分

【矢作川堤防 左岸(川の東側)で観覧の方】

・名鉄名古屋本線 岡崎公園前駅下車 徒歩10分

・愛知環状鉄道 中岡崎駅下車 徒歩10分

【矢作川堤防 右岸(川の西側)で観覧の方】

・名鉄名古屋本線 矢作橋駅下車 徒歩15分

 

(3)その他注意事項

  • 花火大会当日は市内中の道路が渋滞します。特に国道1号線と国道248号線は大変渋滞します。花火大会前後の18時頃~23時頃にかけて、のろのろ運転となります。できるだけ車での来場はご遠慮下さい。
  • 乙川会場周辺の駐車場は、おおむね16時頃になるとすべて満車になります。
  • 花火大会当日は、名鉄東岡崎駅が大変混雑します。できるだけ他の駅・他の路線に分散してご来場ください。また、お帰りの切符は事前に購入することをおすすめします。
  • 花火大会開始直前は周辺の道路が大変混雑し、最寄り駅から会場へたどり着くまでかなりの時間がかかります。余裕を持って早めに会場へ着けるような計画を立てましょう。

◆観覧の心得編

(1)主催者からのお願い

  • ●事故防止のため、警察官・警備員等の誘導・指示に必ず従ってください。
  • ●道路上での座り込み、無理な通行、危険区域への立ち入りはやめてください。
  • ●混雑した場所への自転車の乗入れはやめてください。
  • ●保護者の方は小さいお子様から目を離さないでください。
  • ●河川敷、堤防等で杭やロープを使っての場所取りは、歩行者の通行に大変危険ですからおやめください。
  • ●違法駐車のため、地元住民の方が大変迷惑しています。駐車場以外には、絶対に駐車しないようにしてください。

(2)混雑状況

      • ●花火大会当日、特に混雑する場所は殿橋周辺と、さ敷後方の道路です。ピーク時には、身動きが取れないほど混雑します。会場内を移動する際は、多少遠回りになってもこの2箇所を迂回すると
        比較的スムーズに移動できます。
      • ●乙川会場は大変混雑します。ゆったり花火観賞をしたい人、人混みが苦手な人は、矢作川堤防へ行かれることをおすすめします。矢作川会場では、仕掛花火や金魚花火は見れませんが、スターマインや10号玉の打上げが間近で見ることができ、十分楽しめます。

(3)観覧場所

<乙川会場>

観覧場所はいろいろありますが、打ち上げ会場から少し離れた場所の方が、落ち着いて花火観覧ができます。

      • ●岡崎公園乗用車駐車場、岡崎公園バス駐車場
        *当日は駐車場として使用せず、観覧場所として開放します。
      • ●乙川河川敷テニスコート
      • ●篭田公園
      • ●岡崎中央総合公園
        *打ち上げ会場から少し離れますが、小高い丘の上にあるので、岡崎市街の夜景とともに花火を楽しめて、おススメです。

<矢作川堤防>

      • ●矢作川河川敷
        *周囲を遮るものがないので、左岸(川の東側)・右岸(川の西側)ともに、花火を間近で楽しめる穴場スポットです。

(4)トイレ

●会場周辺に臨時トイレを設置していますが、ピーク時にはトイレ待ちの行列が発生しています。ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

(5)その他アドバイス

      • ●当日は、人混みと熱気でとても暑くなります。熱中症にならないように万全の対策をしてお越しください。熱中症対策として、帽子をかぶり、動きやすく涼しい服装で、また水分と塩分の補給をしてください。体調の悪い方は、ご来場を控えてください。
      • ●アルコールの過剰摂取は熱中症などの原因となる場合がありますのでお気を付けください。
      • ●突然の雷雨等の際は、慌てず警察官・警備員の指示に従ってください。晴れていても、念のため傘やカッパを用意すると安心です。
      • ●携帯電話はつながりにくくなります。待ち合わせ場所等は事前に決めておきましょう。

 

◆帰宅編

(1)帰り始めるタイミング

●花火大会終了直後(21時頃)は、観客の方がいっせいに帰り始めるため、大変混雑します。花火が終了する少し前に帰り始める(20時30分頃)、花火終了後しばらく間を置いてから帰り始める(22時頃)など、時間差をつけると比較的スムーズに帰ることができます。

 

(2)電車で帰る

  • ●名鉄東岡崎駅が最も混雑します。できるだけ他の駅・他の路線に分散してお帰りください。
  • ●駅の構内、特に階段付近は大変混雑します。事故を防ぐためにも、警備員・駅係員の誘導に従ってください。

 

(3)車で帰る

  • ●花火大会終了後も、市内中の道路が渋滞します。特に国道1号線と国道248号線は23時頃まで渋滞が続きます。渋滞に巻き込まれても、イライラせずに安全運転でお帰りください。

 

(4)夜道で犯罪に遭わないために!

  • ●夜道は大変危険です。暗い夜道は一人歩きしないようにしましょう。
  • ●街灯りなどがあり、できるだけ明るい大通りを歩くように心掛けてください。
  • ●近い距離でも、帰り道は誰かに迎えに来てもらうなど、十分に気を付けてください。
  • ●自分の身は自分で守りましょう。